トノス-サムスオイル比較-トップ

トノスよりも早漏防止ジャムウ「サムスオイル」が優れているワケ

早漏防止薬として有名な「トノス」は1970年代から日本に存在するが、ここインドネシアには早漏防止薬の「サムスオイル(SAMSU OIL)」というジャムウが存在する。しかもサムスオイルというジャムウは、インドネシア国内では早漏に悩む男性に絶大な支持を得ている人気の早漏防止薬なのだ。

今回は、早漏防止薬として日本では有名な「トノス」と、インドネシアでは定番の早漏防止薬ジャムウである「サムスオイル(SAMSU OIL)」とを、その特徴、早漏防止の効果、効果持続時間、使いやすさ、臭い、副作用、購入方法、値段という8項目に渡って比較し、「トノス」と「サムスオイル(SAMSU OIL)」のどちらが良い早漏防止薬なのかを調べた結果をお伝えする。

早漏防止薬「トノス」と早漏防止ジャムウ「サムスオイル」の特徴

早漏防止薬「トノス」と天然素材で配合されているインドネシアのジャムウ「サムスオイル」の特徴を比較してみる。

早漏防止薬「トノス」の特徴

トノス-サムスオイル比較01

「トノス」とは、大東製薬株式会社という製薬会社から1964年に発売されたペニスに直接塗るタイプの早漏防止薬だ。

トノスの有効成分には、「プロカイン塩酸塩」という成分が0.5%含まれているが、これは歯科用局所麻酔や脊髄麻酔の注射液として使用されている成分だ。その他には、アミノ安息香酸エチル(英語名:ベンゾカイン)」と「ジブカイン塩酸塩」という成分がそれぞれ1%づつ含まれていて、この成分のいずれも感覚神経を麻痺させるという効果を持ち、虫さされや痔の軟膏の成分として主に使用されている。このように見ていくと、早漏防止薬「トノス」は、ペニスに麻酔薬を塗っているようなものになる。

早漏防止薬「トノス」をペニスに塗ることによって、麻酔成分がペニスの感覚を無くさせ、射精までの時間を延ばすということでもって早漏防止効果としている。ペニスをこすっても何をしても、感覚自体が麻酔効果によって麻痺してしまっているので射精までの時間が長くなるという理屈だ。ペニスが歯医者での虫歯治療と同じ状況になる。

早漏防止薬「トノス」の製造会社の大東製薬も単に麻酔薬を早漏防止薬として販売するのは、あまりにも気が引けるので、テストステロンという男性ホルモン成分を混ぜ、男子更年期障害や勃起力の効果を期待できるというふうにしている。早漏防止薬「トノス」にテストステロンという成分を加えることで、「早漏を防止しながら精力アップできる!」という宣伝文句が使えるようになった。1980~90年代には、大東製薬の販売店・大正薬化工業がトノスのパッケージを変更して、「トノス ハリーマーク」というネーミングで新聞や週刊誌などに早漏防止薬の広告を掲載したことで早漏防止薬「トノス」は一般に知られるようになっていった。

早漏防止薬「トノス」に含まれるテストステロンはステロイドの一種である。ボディービルダーが筋肉を増大するためにこのテストステロンをよく使っている。しかし、このテストステロンというステロイドを数ヶ月にわたって注射したり、飲んだりすると男性器が機能しなくなってしまったり、無精子状態になったり、心臓発作を起こすなどの副作用が報告されている。

正直、このテストステロンをセックスを始めようとする前にペニスに塗ってもあまり精力を上げるという効果は期待できそうにない。毎日毎日、3ヶ月以上の長期間に渡ってペニス刷り込んで初めて精力増強の効果は出てくるという即効性の期待ができない成分だ。

早漏防止ジャムウ「サムスオイル」の特徴

トノス-サムスオイル比較02

ジャムウとはインドネシアに王朝時代から伝わる天然素材を使ったインドネシアの漢方薬のようなものだ。 そのジャムウの中でも、早漏防止に絶大な評価と実績があり、現在でも定番人気の早漏防止ジャムウがこの「サムスオイル」だ。

早漏防止ジャムウ「サムスオイル」は、植物の実や皮、葉っぱや根などのハーブからその成分が抽出されていて、この抽出成分を直接ペニスに塗るタイプのいわゆる早漏防止オイルだ。基本的にはアロマオイル(精油)と同じ製法のようだが、それぞれの成分については企業秘密のため公開されていない。

早漏防止ジャムウ「サムスオイル」によって早漏が治る仕組みはこうだ。早漏防止ジャムウ「サムスオイル」をペニスにうすく塗り込み、ペニスの感覚を「ある程度」麻痺させ、早漏を防ぐというものだ。これだけを聞くと、「なんだトノスと同じじゃないか!」と言いたくなる。しかしサムスオイルの取扱説明書によれば、(早漏防止ジャムウ「サムスオイル」を塗ると)

・ペニスが過敏に感じなくなる
・早漏(思わず射精してしまう)を治す
・セックスを長時間楽しめる
・性欲はあるけど硬さが足りないという人に最適
・抗菌効果もある

と書かれている。サムスオイルを塗ると、ペニスがある程度麻痺した状態になるが、トノスのようにペニスが何も感じないという状態になるのではない。口コミによると「ちょうど良い感覚」になるのだ。

さらには、ペニスの硬さもアップし抗菌効果もあるとしている。サムスオイルのパッケージ写真には、色眼鏡の怪しいおじさんが描かれているが、彼こそがサムスオイルの開発者だ。その開発者であるサムシルという名前から「サムス」という商品名になったのだが、彼自身も早漏に悩んでいたようだ。

サムスオイルについての詳細は以下の記事を読んでほしい。
早漏防止に効くジャムウ「サムススーパーオイル」を塗ってみて徹底検証

早漏防止はもちろん他の効果も期待できるという点が早漏防止ジャムウ「サムスオイル」の特徴だろう。

トノスとサムスオイルの特徴比較

比較項目 トノス サムスオイル
特徴 0 1

早漏防止薬「トノス」と早漏防止ジャムウ「サムスオイル」の早漏防止効果

トノス-サムスオイル比較02

早漏防止薬「トノス」と早漏防止ジャムウ「サムスオイル」の早漏防止の効果の程度について以下に比較をしてみた。

早漏防止薬「トノス」の早漏防止効果

先に説明したように、早漏防止薬「トノス」の効果は、麻酔成分によるペニスの無感覚から生まれる早漏防止効果というものでしかない。早漏防止薬「トノス」は、いわゆる「ペニスの麻酔薬」でしかない。

早漏防止薬「トノス」をペニスに塗ることで、たしかに早漏はなくなるが、ペニスの感覚は無くなってしまうし、相手に挿入したときの感覚も射精時のドクドクといった開放感も得られなくなってしまう。それでもいいから是が非でも一刻も早く早漏でなくなりたい人にとってはトノスは有効なのかもしれない。しかしトノスはペニスの感覚を完全に失わせてしまう。また早漏防止薬「トノス」には、テストステロンというステロイド成分が配合されてはいるのだが、これは睾丸に塗ると精力が増すという効果もあるのはあるが、この効果を得るためには毎日のように3ヶ月に渡って睾丸(陰のう部)に早漏防止薬「トノス」を塗る必要がある。

実際の早漏防止薬「トノス」使用者の声として、以下のツイートを一読しておくといいだろう。

【早漏防止薬「トノス」には効果がある】

【早漏防止薬トノスには副作用がある】

早漏防止ジャムウ「サムスオイル」の早漏防止効果

早漏防止ジャムウ「サムスオイル」の早漏防止効果は、ペニスの感覚をある程度麻痺させた状態で、早漏を防ぐという形に現れる。先の「トノス」のようにペニスの感覚がまったく無くなってしまうのと、ある程度の感覚が残るのとでは、セックスの楽しみに格段の差が出てくる。手コキでの触られている感覚や挿入した感覚、射精時のドクドク感も感じれることがセックスの醍醐味だからだ。

早漏防止ジャムウ「サムスオイル」をペニスに塗ると、トノスのように何も感じないわけではなく「ちょうど良い感覚」になる。さらに、ペニスの硬さもアップするという効果や抗菌効果もある。

早漏防止薬「トノス」と早漏防止ジャムウ「サムスオイル」とを、単純に早漏防止効果だけに着眼して比較してみた場合にはトノスに軍配があがるだろう。ただし、トノスはペニスの感覚をすべて失くしてしまうというデメリットがあるので、セックス時になんの開放感も得ることはできない。気持ちの良いセッスクをしたい、ペニス硬さも欲しい、ペニスの感覚もリアルに欲しいという人は是非とも早漏防止ジャムウの「サムスオイル」を選ぶべきだ。


トノスとサムスオイルの早漏防止比較

比較項目 トノス サムスオイル
早漏防止効果が高い 1 0

早漏防止薬「トノス」と早漏防止ジャムウ「サムスオイル」の持続時間

トノス-サムスオイル比較04

早漏防止薬「トノス」と天然素材で配合されているインドネシアのジャムウ「サムスオイル」の持続時間を比較してみる。

早漏防止薬「トノス」の持続時間

早漏防止薬トノスを亀頭部に塗った場合の持続時間は、塗布後60分程度とされている。(大東製薬工業HPのQ&Aより)口コミでは2時間は持続するという書き込みもあるが、体質や塗る量によって変わるということだ。早漏で悩んでいる人にとっては、60分という持続時間があれば十分だ。

ある女性紙のアンケート結果によると、満足する挿入時間は平均15分だ。前戯で15分、挿入して15分として合計30分という持続時間であれば、彼女やソープ嬢も満足するので、早漏だとはバレない。もちろん、早漏防止薬トノスを塗っていることを知られないようにするという前提だ。

ただし、早漏防止薬トノスを使っても持続時間が長くならない、早漏防止の効果がない場合には、トラウマなどの精神的な理由が考えられる。医学的な病名では「心因性早漏」と呼び、脳が感じる性的快感が強すぎたり、過去の早漏体験、女性からの何気ない言葉などによって思わず射精してしまうのだ。この心因性早漏の場合には、ペニスに感覚がなくても脳の命令で射精してしまうので、性機能外来による専門家との相談が必要になる。

早漏防止ジャムウ「サムスオイル」の持続時間

早漏防止ジャムウ「サムスオイル」をペニスに塗った場合の持続時間は、約60分程度のようだ。これも正しい使用方法での時間なので、たくさん塗れば持続時間は長くなる可能性はある。早漏防止ジャムウ「サムスオイル」は自然素材からできているジャムウなので、体質や好みやその時の体の状態によって効果が変わってくる。早漏防止ジャムウ「サムスオイル」の一番の注意点は塗りすぎないことだ。塗り方については後ほど詳しく解説するが、塗りすぎるとイかなくなってしまう可能性がある。

早漏防止ジャムウ「サムスオイル」を使っても、先に説明した「心因性早漏」という精神的な早漏には持続時間の増加は見込めない。ただし、心因的な早漏であっても、プラシーボ効果は期待できそうだ。つまり、早漏防止ジャムウ「サムスオイル」を使っているから大丈夫だ、という安心感によって、心因性の早漏が改善され持続時間が伸びる可能性はありうる。

【プラシーボ効果とは】
本物の薬のように見えるウソの薬をを処方しても、薬だと信じ込む事によって何らかの改善がみられることを言う。この改善は自覚症状だけではなく、本当に治ってしまうこともある。原病やその症状自体の改善というよりは、「薬を飲んでいる」事による精神的な安心感のによって病気が治ることもある。

早漏防止薬トノスと早漏防止ジャムウ「サムスオイル」の持続時間は、両方ともおよそ60分なので、引き分けとする。

トノスとサムスオイルの持続時間比較

比較項目 トノス サムスオイル
持続時間 1 1

早漏防止薬「トノス」と早漏防止ジャムウ「サムスオイル」の使いやすさ

トノス-サムスオイル比較05

早漏防止薬「トノス」と天然素材で配合されているインドネシアのジャムウ「サムスオイル」の使いやすさの点から比較してみる。

早漏防止薬「トノス」の使い方

早漏防止薬トノスの使い方として、早漏防止目的と精力増強目的との2つがある。早漏防止目的の場合には亀頭部に塗り、精力増強目的の場合には睾丸に塗る。使用目的によって使い方が変わってくるので、以下の使用方法を守ることが重要だ。

・早漏防止薬トノスを早漏防止目的で使用する場合
早漏を防止するためには、トノスを亀頭部に塗る。トノスを使っていることをバレないためにも、以下の手順覚えておいてほしい。

1.セックス30分前に、トイレなどに行って、ペニスをきれいに洗いタオルやハンカチで拭いておく
2.トノスをポケットから取り出し、チューブの先から5mm程度を左手の人差し指の上に出す。中指に出すと、手マン時の感覚が失われる可能性があるからだ。
3.亀頭部に人差指だけを擦り込むように塗る。
4.ペニスを触ってみて麻ひ感があったら、石けんを使って洗い流す。

・早漏防止薬トノスを精力増強目的で使用する場合
早漏防止薬トノスを精力増強目的で使用する場合には、1日1回程度、睾丸に塗る。トノスにはテストステロンが含まれているので、長期間に渡って塗っていくと精力が増す効果が期待できる。

1.寝る前に睾丸部をきれいに洗いタオルで拭く。
2.トノスのチューブから5mm程度出し、睾丸部に塗り広げる。塗った指で目や鼻をこすらないように注意する。塗ったら必ず手を石鹸でよく洗うこと。
3.洗い流す必要はないのでそのまま寝る。
4.最低3ヶ月続けると精力が増強するので、塗る回数を2日に1回または週に2回程度に減らしていく。

早漏防止薬トノスを睾丸に塗る場合、睾丸部が麻酔をかけた状態になるので、睾丸を強く触っても殴られても何も感じない。トノスを塗ってから、麻酔効果が続いている時間(およそ60分間)は大事に扱うことだ。朝に早漏防止薬トノスを睾丸に塗ったら、満員電車ではカバンなどでガードしておこう。

早漏防止ジャムウ「サムスオイル」の使い方

早漏防止ジャムウ「サムスオイル」の使い方は、取扱説明書には以下のように書かれている。

1.(目的行為の)15分から20分前になったら、ペニスをシャワーできれいにする
2.軽く水分をふき取ってから、数滴をペニス全体に薄く塗る<※ココ大事!>
3.そのまま10分から15分放置する
4.石鹸を使ってペニスを洗い流す
5.準備OK! さあ本番

早漏防止ジャムウ「サムスオイル」を塗る時のポイントは、数滴でいいことだ。ちょんちょんでいい。塗りすぎると効果が高すぎてイかなくなる可能性があるからだ。以下の写真のように、塗る時のポイントはこの手順でやって欲しい。

トノス-サムスオイル比較06
トノス-サムスオイル比較07

1.まずビンの口を左手の人さし指で押さえて縦に軽く振る。
2.左手の人差し指についたサムスオイルをペニスにうすく伸ばすように塗る
3.ペニスに塗りきれなかったら、もう一回繰り返し塗る

早漏防止ジャムウ「サムスオイル」は、決してビンを傾けてペニスに塗らないでほしい。塗りすぎる可能性があるからだ。そして、塗ってから15分程度経ったらシャワーを浴びながら石けんで洗い流しておくことだ。

早漏防止ジャムウ「サムスオイル」を正しく塗ると、ペニスがいい感じに感覚がなくなり、彼女にの右手でも、お口でも、挿入しても気持ちが良くなりなりながら、早漏も防げることになる。早漏防止ジャムウ「サムスオイル」のオイルタイプはちょっと扱いにくいという方のために、クルーム状になっている早漏防止ジャムウ「サムスクリーム」もある。早漏防止ジャムウ「サムスクリーム」も早漏防止ジャムウ「サムスオイル」と同様の使い方になる。

トノス-サムスオイル比較08

早漏防止ジャムウ「サムスクリーム」の詳細は以下を見て欲しい。
早漏防止ジャムウ「サムスクリーム」の効果と使い方を徹底解説

早漏防止薬トノスと早漏防止ジャムウ「サムスオイル」の使いやすさの比較は、サムスオイルの方が少量であり、塗り方によって効果が変わるものでもないので、サムスオイルの方が使いやすいと言えるだろう。

トノスとサムスオイルの使いやすさ比較

比較項目 トノス サムスオイル
使いやすさ 0 1

早漏防止薬「トノス」と早漏防止ジャムウ「サムスオイル」の臭い

トノス-サムスオイル比較09

早漏防止薬「トノス」と天然素材で配合されているインドネシアのジャムウ「サムスオイル」の臭いを比較してみる。

早漏防止薬「トノス」の臭い

早漏防止薬トノスはワセリンを使っている軟膏なので、湿布薬のような匂いがする。それほどキツイ臭いではない。早漏防止薬トノスを塗ったらベットインする前に必ず石鹸で洗うことで、臭いはしなくなる。

早漏防止薬を洗い流さないで、ペニスに顔を近づけると気がついてしまうぐらいの臭いだ。逆にいうと、臭いが少ないので、セックスの前までに洗い流すことを忘れてしまうかもしれない。早漏防止薬トノスを洗い流さないで、挿入した場合には、彼女のアソコが麻痺してしまう。

早漏防止ジャムウ「サムスオイル」の臭い

早漏防止ジャムウ「サムスオイル」の臭いはハッキリ言って強い。匂いがキツイ理由は、自然素材を使い、精油(アロマオイル)と同じ製法で作られているからだ。ラベンダーの香りの精油であれば彼女にも喜ばれるかもしれないが、サムスオイルは早漏防止ジャムウなので、早漏防止効果を優先しているために様々な植物の成分が入っている。

早漏防止ジャムウ「サムスオイル」は臭いがキツイので、もし洗い流さないでフェラしたらどうなるかは試していないが、多分苦いだろう。その前に臭いですぐ気が付かれるかもしれない。早漏防止ジャムウ「サムスオイル」はセックスの直前には必ず石けんを使って洗い流して欲しい。

早漏防止薬トノスと早漏防止ジャムウ「サムスオイル」の臭いの比較は、ほぼ臭いがしないトノスの勝ちになる。

トノスとサムスオイルの臭い比較

比較項目 トノス サムスオイル
臭い 1 0

早漏防止薬「トノス」と早漏防止ジャムウ「サムスオイル」の副作用

早漏防止薬「トノス」と天然素材で配合されているインドネシアのジャムウ「サムスオイル」の副作用について比較してみる。

早漏防止薬「トノス」の副作用

トノス-サムスオイル比較10

早漏防止薬トノスの副作用によって、使用を禁止さている疾病がある。男性ホルモン剤の使用を禁止されている「前立腺疾患」や「睡眠時無呼吸症候群」だ。これらの疾病のため医師にかかっている人がトノスを使用すると、意識を失って倒れてしまう可能性がある。

早漏防止薬トノスの使用を禁じらている疾病でなくても、約10%の確率で「発疹、発赤、かゆみ、晴れ、水疱、ニキビ」などの副作用がでる。早漏防止薬トノスの副作用の箇所は、ペニスにも出るし、顔や全身に出る可能性がある。もちろん、このような副作用の症状が出た場合には、すぐに使用を中止し、石鹸で洗い流してほしい。また、外用薬なので飲んだり舐めたりしないことだ。もし、副作用が出たり、舐めたりした場合には、かかりつけの医師にてみてもらうことだ。

早漏防止ジャムウ「サムスオイル」の副作用

早漏防止ジャムウ「サムスオイル」の副作用について、取扱説明書にも記載がなく、今までに副作用があったという報告もない。

また、サムスオイルは精力増強ジャムウとの併用も可能であることがわかっている。例えば、ブルアン(BURUANG)、オバク(OBAKU)、トリプルエックス(TRIPLE -X)などの精力増強ジャムウがオススメだ。これらの精力増強ジャムウを飲んで、ペニスには早漏防止ジャムウ「サムスオイル」を塗っておけば、しっかり勃起できて、早漏も治り、妻や彼女と長時間にわたって楽しめるということだ。

ブルアン、オバク、トリプルXについては以下を見て欲しい。

即効勃起で持続力バツグンの勃起ジャムウ「ブルアン」(BERUANG)
勃起力最強ジャムウ「オバク」(OBAKU)のED治療効果を徹底検証
素早くEDに効く勃起薬ジャムウ「トリプルX」の速攻性をテスト

早漏防止薬トノスと早漏防止ジャムウ「サムスオイル」の副作用の比較は、副作用がないサムスオイルが断然優れている。

トノスとサムスオイルの副作用

比較項目 トノス サムスオイル
副作用がない 0 1

早漏防止薬「トノス」と早漏防止ジャムウ「サムスオイル」の購入しやすさ

トノス-サムスオイル比較11

早漏防止薬「トノス」と天然素材で配合されているインドネシアのジャムウ「サムスオイル」の購入しやすさについて比較してみる。

早漏防止薬「トノス」の購入

早漏防止薬トノスは「第一類医薬品」に分類されているので、購入の際は薬剤師による対面での販売が義務付けられている。また薬局・ドラッグストアが開店時間中でも薬剤師が不在の場合は販売してもらえないので、事前に電話で商品の在庫や薬剤師が滞在しているかを聞いてからの来店することだ。

早漏防止薬トノスがネット通販で購入できるようだが、トノスの製造販売元である大東製薬株式会社のホームページでは「正規販売店でない店舗や、ケンコーコム以外の通信販売等で購入されたお客様には、補償や安全性の面から対応はしない」とアナウンスされている。早漏防止薬トノスはやはり薬局または正規取扱店でのが良さそうだ。併用してはいけない薬だったり、他の疾病で医師からの常時処方薬を飲んでいる人が早漏防止薬トノスを購入する場合には、特に薬剤師と相談した方がいいだろう。早漏防止薬トノスの購入には、医師や薬剤師との対面が必要なので、恥ずかしい気持ちがどうしても拭いきれない。

早漏防止ジャムウ「サムスオイル」の購入方法

早漏防止ジャムウ「サムスオイル」は、インドネシアの代理店より購入できる。日本においては、海外から直送してくれる個人輸入代行会社に依頼することになる。ただし、早漏防止ジャムウ「サムスオイル」には、偽物も存在するので、値段だけで決めずに信頼できる輸入代行会社から購入することをオススする。

なお、ジャムウ市場でサムスオイルを購入できる。中身がわからないように梱包してあるので、家族にもバレることはない。早漏防止ジャムウ「サムスオイル」は以下より購入可能だ。
サムスオイル(SAMUS SUPER OIL)

早漏防止薬トノスと早漏防止ジャムウ「サムスオイル」の購入しやすさの比較は、対面で購入しなければならないトノスの負けだ。

トノスとサムスオイルの購入しやすさ比較

比較項目 トノス サムスオイル
購入しやすさ 0 1

早漏防止薬「トノス」と早漏防止ジャムウ「サムスオイル」の値段

トノス-サムスオイル比較12

早漏防止薬「トノス」と天然素材で配合されているインドネシアのジャムウ「サムスオイル」の値段を比較してみる。(2019年5月調査)

早漏防止薬「トノス」の値段

早漏防止薬トノスがどのくらいの値段で販売されているのかを調査した。

・大東製薬株式会社HPより:メーカー希望価格 5gで 4,500円になり、1gあたり 900円になる。5gだと7回ほど使用できるようなので、正規の値段だと1回あたり640円程度ということになる。
https://www.daito-p.co.jp/product/tonos.html

・価格.comより:最安値は3gで1,920円になり、1gあたり 640円になり、1回あたり457円になる。
https://kakaku.com/medicine-item/K0000923777/

・最安値.comより:最安値は3gで1,869円になり、1gあたり 623円になり、1回あたり445円になる。
https://www.saiyasune.com/J4956124000289.html

・楽天市場より:最安値は3gで1,922円になり、1gあたり 640.6円になり、1回あたり457円になる。
      最安値は5gで3,526円になり、1gあたり 705.2円になる。503円になる。
https://item.rakuten.co.jp/alal-mori/4956124000296-2/
https://item.rakuten.co.jp/megahema/100249495496594947965989/

早漏防止ジャムウ「サムスオイル」の値段

早漏防止ジャムウ「サムスオイル」がどのくらいの値段で販売されているのか調査した。

・ジャムウ市場:1個(5cc)で3,700円、1g(約1cc)あたり740円になる。5ccで12~13回ほど使用できるので、1回あたり280円程度ということになる。4個まとめて購入すると8,700円になるので、1個あたり2.175円で、1回あたり167円になる。

早漏防止薬トノスと早漏防止ジャムウ「サムスオイル」の値段の比較は、圧倒的にサムスオイルが安いので、コスパが良い。

トノスとサムスオイルの値段比較

比較項目 トノス サムスオイル
値段の安さ 0 1

早漏防止薬「トノス」と早漏防止ジャムウ「サムスオイル」の総合判定結果

トノス-サムスオイル比較13

早漏防止薬「トノス」と天然素材で配合されているインドネシアのジャムウ「サムスオイル」の比較を一覧表にして、合計点で総合判定をしてみる。

トノスとサムスオイルの総合判定結果

比較項目 トノス サムスオイル
特徴 0 1
早漏防止効果が高い 1 0
持続時間 1 1
使いやすさ 0 1
臭いがしない 1 0
副作用がない 0 1
購入しやすさ 0 1
値段の安さ 0 1
合計点 3 6

結果は、早漏防止薬トノスが3ポイント、早漏防止ジャムウ「サムスオイル」が6ポイントとなり、トノスよりも早漏防止ジャムウ「サムスオイル」の方が優れているという結果になった。

まとめ

早漏防止薬「トノス」と天然素材で配合されているインドネシアの早漏防止ジャムウ「サムスオイル」を比較しながら、サムスオイルが早漏防止に優れているワケを解説した。早漏防止薬トノスと早漏防止防止ジャムウ・サムスオイルについて、特徴、早漏防止効果、持続時間、使いやすさ、臭い、副作用、購入方法、値段という8項目を比較した。

早漏防止薬トノスは塗るタイプの早漏防止薬で、3種類の麻酔成分を含んだペニスの麻酔薬だ。そこにテストステロンというステロイドを配合し精力アップの効果が期待できるとしている、トノスは麻酔薬なので早漏防止できたとしても、何も感じないので気持ちの良いセックスにはならないし、精力アップが期待できるのは3ヶ月以上にわたり睾丸に塗り続けた時だけなのだ。

一方、早漏防止ジャムウ「サムスオイル」は、自然の成分から抽出された成分からなり、早漏防止の効果だけでなく、勃起力も回復してくれて、抗菌効果もある。さらに、早漏防止ジャムウ「サムスオイル」は「ちょうど良い感覚」になるので、早漏を防止しながらも気持ちの良いセックスが可能となる。ただし、注意点として塗りすぎないことだ。塗りすぎるとイかなくなってしまうからだ。さらに、早漏防止薬トノスよりも断然安く購入できて、コスパが高いと言える。

早漏と同時に勃起不全(ED)に悩んでいる人には、早漏防止ジャムウ「サムスオイル」と精力増強ジャムウであるブルアン(BURUANG)、オバク(OBAKU)、トリプルエックス(TRIPLE -X)とを併用すると、早漏防止と勃起不全が同時に解消されるのでオススメだ。また、オイルタイプが扱いにくいという人には、軟膏タイプの早漏防止ジャムウ「サムスクリーム」もあるので、試してほしい。

以上、「トノスよりも早漏防止ジャムウ「サムスオイル」が優れているワケ」をお伝えした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。