50代セックス 中折れ top

セックス時の中折れに悩む50代男性の特効薬はジャムウしかない

セックスしている時にペニスが中折れしてしまうという悩みを持つ50代の男性は多い。この中折れを治すべくいろいろな方法を模索するも、さすがに50代なので劇薬のように効いてしまう特効薬は逆に身体に負担をかけてしまう。

そこで、身体への負担は少なく何とか中折れを解決したいと願う50代男性に向けて中折れの原因を説明することから、その中折れ防止対策をご紹介する。そして身体への負担がほとんどない中折れの特効薬のジャムウをご紹介する。

市販の精力剤をいろいろと試してみたが中折れの改善ができないという50代男性だけでなく、ご主人や彼氏がセックス時に中折れしてしまうので何とかしてやりたいと思っている女性にも読んでもらいたい内容となっている。

セックス時の中折れの原因

中折れ 悩み01

まずはセックスの途中なのになぜ(ペニスが)中折れしてしまうのか? という中折れの原因を解説する。

セックス時の中折れの原因その1「ストレス」

中折れの原因の大きなもののひとつにストレスという精神的な要因がある。50代ともなると社会的にも仕事上でも責任あるポジションにいる人が多く、自分のことだけを考えて過ごしていける年代ではない。家庭のことも大変な時期だろう。

それだけに50代はストレスが溜まりがちになる。このストレスが「中折れ」の原因になっている。ちなみに私は50代だが、偉い立場にはいないし、自分以外のことと言えば家族と島田さんのことくらいなので、まったくと言っていいほどストレスはない。サービス残業もないので身体もほとんど疲れていない。だから中折れしない。

ストレスを抱える50代の男性は、セックスの最中であってもさまざまな思いが頭の中を横切るらしい。これが中折れの原因になる。さらには、一度でも中折れという経験をしてしまうと、いわゆる「中折れコンプレックス」に陥ってしまい、次のセックスのときになって「(ペニスが)勃たなかったらどうしよう」と思ってしまい、また中折れしてしまうという負のスパイラルに陥ってしまう。

セックス時の中折れの原因その2「間違ったオナニー」

セックス時の中折れには、「間違ったオナニー」をしていることに原因がある場合がある。「間違ったオナニー」とは、ずばりAV(アダルトビデオ)を見ながらのオナニーばかりをしていると、本番のセックス時に(ペニスが)中折れしやすくなるのだ。

AV(アダルトビデオ)を観てばかりでオナニーをしていると、AV女優の演じるアクションでしか興奮しなくなってしまう。同じような体位、同じような喘ぎ声、同じようなリアクションだけにペニスが反応するようになり、実際のセックスの時に相手の女性が同じようなリアクションがないと、「セックスがつまらない」と思ってしまってペニスが中折れしてしまう。つまり性欲についての自分の身体や気持ちが贅沢になってしまっているのだ。どこかで見つけたエロ本を近くの空き地に隠していたころの少年時代の貪欲さを失ってしまっているのだ。

さらには、40代、50代男性の単なる「オナニーのし過ぎ」もペニスの中折れの原因だと言われている。セックスではなく、オナニーでしか快感を得られなくなってしまうからだ。

セックス時の中折れの原因その3「生活習慣」

セックス時の中折れの原因には、食事、飲酒、タバコなどの生活習慣が大きく関係している。50代にもなると普段の食事には気をつけてはいるが、連日の接待や深夜残業(管理職ではサービス残業とかになる)が続くとどうしても栄養が偏ったり、食事の時間が変則的になってしまう。その結果、内臓脂肪が増えて血液がドロドロになってしまい、血液の循環が悪くなりペニスに血液が集まりにくくなる。そして中折れを引き起こしてしまう。

若い時には多少の飲酒では関係がないのだが、50代ともなるとアルコールによって副交換神経の働きが鈍ってしまい、脳からの指令がペニスに伝わらずに中折れしてしまう。タバコも様々な疾病の原因でもあり、特にペニスに血液を送り込むための血管や肺、心臓が弱ってくると中折れしやすくなる。

食事、飲酒、タバコなどの生活習慣の改善は、50代男性にとって中折れを防ぐカギになってくる。

セックス時の中折れの原因その4「マンネリ化」

中折れ 悩み02

(ペニスが)中折れする原因の一つに、セックスのマンネリ化がある。妻や彼女など同じパートナーとばかりセックスをしていると、どうしてもセックスがマンネリ化してしまう。すると、同じパートナーに対して興奮することができなくなり、途中で萎えてしまうという中折れの現象が起こる。

ソープなどの風俗ではしっかり勃起するのに、妻とのセックスでは中折れしてしまうという50代男性もいる。また、女性も同じパターンでのセックスに飽き飽きして、興奮もしないので、それが表情や態度に現れてしまう。セックスのマンネリ化は意外と恐ろしいもので、50代男性にとっての中折れの原因の一つだと言える。

セックス時の中折れの原因その5「精力の低下」

セックス時に中折れになる一番の原因は、なんと言っても精力の低下だ。精力とは、やる気と体力の2つからなる。先のマンネリ化と同じで、セックスをする「やる気」(気力)が失せてしまうと、興奮度が薄れセックス途中にペニスが中折れになりやすい。そして、体力の低下は自分では感じていない人でもさすがに50代という年齢は、20代や30代の頃のような体力は現実的にない。精力も同じように高くはない。

セックス時の中折れを防ぐ食事

中折れ 悩み03

50代男性のセックス時のペニスの中折れを防いでくれる食事法をご紹介する。ペニスの中折れがなくなり、よってセックスがより楽しくなり、さらには身体も健康になるという食事療法だ。

セックス時の中折れに良い食事①「たんぱく質」

中折れ 悩み04

中折れに良い食事には欠かせないのが、たんぱく質だ。しかし、精力をつけようとして、牛丼やカツ丼を食べるのは逆効果だ。動物性脂肪が多く含まれている牛丼やカツ丼ばかりを食べていると、血液がドロドロになってしまうからだ。血液がドロドロになると、血管の内側を傷つけて血管の内側を厚くして、血管を狭くする。さらに心臓にも負担がかかるし動脈硬化が起こってしまう。結果、ペニスに血液が集まりづらくなり中折れしてしまうのだ。

50代男性は、特にたんぱく質が多い魚を食べることを心がけることだ。ただし、魚ばかり食べることではなく、肉も野菜も一緒に食べて、バランスの良い食事を心がけることだ。卵にもたんぱく質は多く含まれるが、コレステロールも高いので、1日1個を目安にする。

セックス時の中折れに良い食事②「タウリン」

中折れに良い食事には、タウリンを含んだ食物を取ることだ。タウリンは、生体内で遊離した状態で存在する含硫アミノ酸様化合物のひとつだ。タウリンの働きとしては、血液中のコレステロールや中性脂肪を減らし、血圧を正常が状態に戻してくれて、インスリン分泌を促し糖尿病を予防してくれる。

タウリンが多く含まれる食品としては、イカ、タコ、貝類、甲殻類、ブリやカツオの血合いなどがある。タウリンは水溶性なので、しじみ汁やアサリの酒蒸しなどの汁も一緒に飲むと良い。

セックス時の中折れに良い食事③「亜鉛」

中折れ 悩み05

中折れに良い食事として取るべきミネラルには、亜鉛がある。亜鉛はセックスミネラルとも呼ばれて、性欲を高め、性ホルモンを正常化させる働きがある。また、亜鉛には傷を回復させて、味覚を正常に保ち、たんぱく質やDNAの合成を助けてくれる。

亜鉛を多く含む食品としては、ダークチョコレート、カシューナッツ、かぼちゃの種、鶏肉、カニ、牡蠣などがある。カニ鍋やカキ鍋はカロリーも低く、中折れにも効果が期待される。

セックス時の中折れを良い食事④「果物」

英国のイーストアングリア大学医学部の研究によると、果物を多くとると中折れなどの勃起不全に効果があるという報告だ。特の果物の中でも抗酸化物質が多く含まれる果物がよい。抗酸化物質が多く含まれる食品としては、イチゴ、ブルーベリー、赤ワイン、リンゴ、梨、柑橘類(かんきつるい)があげられる。果物の摂取量としては 、1週間に数回、少量を取ることで十分だ。果物を積極的に食べることによって、中折れを防ぐことができるのであれば、簡単だ。

セックス時のペニスの中折れ対策

中折れ 悩み06

セックス中にペニスが中折れしてしまう人のその対策をお伝えする。次のセックスの際にはペニスが中折れしないという負のループに陥ってしまわないという対策だ。

セックス時のペニスの中折れ対策①「リラックスする」

ストレスが溜まる50代男性の中折れの対策として、ストレスを軽減してリラッスクすることだ。医学的には自律神経が関係してくる。自律神経には、交感神経と副交感神経があり、副交換神経が優位の状態の時に勃起するからだ。つまり、気持ちがリラックスした状態であれば、中折れを防ぐことができるのだ。

リラックスする方法としては、ぬるめのお風呂にゆっくり浸かる、ストレッチをする、落ち着いた音楽を聞くなどがある。これ以外でも、自分がリラックスできると感じることであればどんな方法でもいい。

セックス時の中折れ対策②「場所を変える」

セックス時の中折れ対策として、場所を変えることによってセックスのマンネリ化を回避できる。特に長年連れ添った妻とのセックスは自宅ではなく、あえてラブホテルにいってみるのもいい。最近では、熟年カップルがラブホテルをうまく利用していると聞いている。また、ラブホテルなど大げさな、と思っている50代男性には、いつも寝室ではなく、家での違う場所、たとえば浴室、キッチン、トイレ、子供部屋など違う場所でセックスをすることで、興奮状態が得られ、中折れしなくなる可能性は高い。

セックス時の中折れ対策③「ローション使う」

中折れ対策として、セックス時にローションなどを使うと興奮度が上がる。ローションは、アダルトショップなどで購入できるし、市販のマッサージオイルでもいい。ローションやマッサージオイルを使って、妻や彼女にマッサージしてあげてもいいし、してもらってもいい。ローションプレイはAV感覚でできるし、なにしろ肌に触った時の感覚が全く違うので興奮度も高まる。浴室などにソープで使うマットを持ち込んで、ローションプレイも中折れを防いでくれる。

セックス時の中折れ対策④「精力剤を飲む」

中折れ対策のなかでも、一番簡単な方法がセックスの前に精力剤を飲むことだ。一般に販売されている精力剤には色々と種類があるが、「中折れに効く」といいながらも、まったく効果のない精力剤もあるので、よく成分や口コミなどを参考にして購入してほしい。

なお、バイアグラやレビトラ、シアリスなどのED治療薬は、医師から処方されたものを服用することだ。ある調査によれば、海外のバイアグラは半分が偽物だったり、異物が混入しているということだ。また、正規品であっても、激しい頭痛や体調不良などの50代にとっては、副作用が強くでる場合もあるので、必ず医師と相談してほしい。

セックス時のペニスの中折れに効果がある精力剤

中折れ 悩み07

セックス時のペニスの中折れに効果があるとされる市販の精力剤をご紹介する。

セックス時の中折れに効果がある精力剤「バイアグラ、レビトラ、シアリス」

セックス時の中折れに効果がある精力剤の一つとして、世界的な有名なバイアグラがある。バイアグラの後発の精力剤としてはレビトラやシアリスがあるが、どれもセックス時のペニスの中折れに必ず効果があるとは言い切れない。

バイアグラ、レビトラ、シアリスともに医学的にはPED5阻害薬であり、性的な興奮を高める効果はそれにはないからだ。PED5阻害薬とは、一度ペニスに血液が充血した後、自分の意思とは関係なく萎えることを防ぐという効果があるのみだ。つまり、ペニスの中折れは防ぐことができたとしても、射精後も勃っている状態が続いてしまうため、セックス自体をつまらなくしてしまう可能性がある。

また、医師からの処方薬を常時飲んでいる男性には、バイアグラなどのPED5阻害薬は服用できない場合があるので、必ず医師の診断を受けてからにするべきだ。

さらには、バイアグラ、レビトラ、シアリスには、ひどい頭痛や肝機能障害、吐き気などの副作用も存在する。

シアリスについては以下の記事を参考にしてほしい。
→ ED治療薬はシアリスでいいのか!?副作用や成分、購入する前に知っておくべき情報

レビトラについては以下の記事を参考にしてほしい。
→ ED治療薬のレビトラの効果は本当か?通販や病院で購入する前に知っておくべき注意

セックス時のペニスの中折れに効果がある精力剤「プロキオン」

セックス時の中折れに効果がある精力剤として株式会社京福堂という製薬会社から発売しているプロキオン(Procyon)は、オキソアミジン、トコフェロール酢酸エステル、チアミン硝化物という成分を含む指定医薬部外品だ。

指定医薬部外品とは、医薬品よりも効き目はやわらかに改善効果をもたらすもので、医薬品と化粧品の中間に位置し、コンビニやスーパーでも販売されている。

オキソアミジンは、ニンニクが主成分であり、トコフェロール酢酸エステルはビタミンEで、抹消の血行を改善する効果がある。また、チアミン硝化物とはビタミンB1のことだ。つまり、ニンニクエキスにビタミンEとビタミンB1を配合したサプリということになる。たしかにこのプロキオン(Procyon)は、血行はよくなりそうだが、50代男性のセックス時のペニスの中折れにまで効果が本当にあるのかどうかは怪しい。

セックス時の中折れに効果がある精力剤「ペプチア」

セックス時のペニスの中折れに効果がある精力剤として株式会社ゼンケアという製薬会社から発売しているペプチア(PEPTIA)は、卵白加水分解物(ランペップ)、マカ、デキストリン、グルコン酸亜鉛などが配合されている。

ランペップとは、卵白タンパクを酵素分解したアミノ酸で、血行を良くしてくれる効果がある成分だ。たしかに、これらの成分で血流は改善されるが、50代男性のセックス時のペニスの中折れまで改善できるかどうかはこれまた怪しい。

セックス時の中折れに効果がある精力剤「クラチャイダム」

セックス時のペニスの中折れに効果がある精力剤としては、近年話題になっているクラチャイダム(Kura-Chai-Dum)ろいう精力剤がある。

クラチャイダムはタイ原産のショウガ科の多年草を主成分とした精力剤だ。日本では、黒ショウガや黒ウコンと呼ばれているものだ。クラチャイダムの成分には11種類ものフラボノイドが含まれており、これには抗酸化作用がある。

また、アルギニンやBCAA、トリプトファンなどの必須アミノ酸といった成分も含まれている。これらの成分がバランスよく配合され、精力増強、疲労回復や勃起不全にも効果があるとされている。

確かにクラチャイダムはそれなりに効果がありそうだが、基本的に構成成分はいわゆる「ショウガ」だ。50代男性がショウガを食べれば、セックス時にペニスの中折れが無くなるのであれば、これらの精力剤はいらなくなってしまう。毎日、生姜焼き定食を食べていればいいことになる。世の中そんなに甘くはないのものだ。

セックス時にペニスの中折れを改善するジャムウ

中折れ 悩み08

セックス時にペニスの中折れを改善するジャムウというインドネシア産の天然精力増強薬がある。ジャムウとは、インドネシアに数千年前から伝統的に受け継がれてきたを漢方薬のようなものだ。天然精力剤ジャムウは、ジャングルの原住民が経験的に精力を高めてくれる植物や木の根、葉っぱ、果物などを採取して配合されたものだ。

インドネシアの王朝時代には、王様が子孫を残すために、何人もの妻とセックスするための補強剤に使われてきた。現在でも、インドネシアでは一夫多妻が認められていて、最大4人までを正式な妻にできる。インドネシアでは、複数の妻とのセックスをするためにも、このジャムウは常に使われている。

セックス時のペニスの中折れに効くジャムウ

中折れ 悩み09

50代のセックス時のペニスの中折れに効くジャムウとしては、「ウラットマドゥ」「アンクルバヤ」「ジャクバン」というものがある。それぞれ解説していく。

セックス時のペニスの中折れに効くジャムウ①「ウラットマドゥ(URAT MADU)」

中折れ 悩み10

精力増強ジャムウである「ウラットマドゥ(URAT MADU)」は中高年に非常に人気のある定番ジャムウだ。ウラットマドゥは、姜黄(きょうおう)、ショウガ、トンカットアリ、ヨヒンビン、ナツメグなどはバランスよく配合されており、ゆっくりとだが確実に中折れを防いでくれる。ナツメグが催淫効果(性的な興奮)を強くしてくれる。トンカットアリは、「ジャングルのバイアグラ」とも呼ばれ、ジャングルの奥地にしかない貴重な木の根っこで、現地でも高値で取引されている。ショウガには血行を良くして精力を高めてくれる。

ジャムウ・ウラットマドゥの詳細は以下をみてほしい。
中高年にオススメの精力ジャムウ「ウラットマドゥ」の徹底解説

セックス時のペニスの中折れに効くジャムウ②「アンクルバヤ(ANGKUR BAYA)」

中折れ 悩み11

精力増強ジャムウの「アンクルバヤ(ANGKUR BAYA)」は、中高年向けに作られたジャムウだ。飲んでから40分ほどすると体がだんだんと温まり、ゆっくりとだが確実にペニスが勃起し、さらにセックスの途中でペニスの中折れもしなくなる。

精力増強ジャムウの「アンクルバヤ(ANGKUR BAYA)」には、ハマビシ、高麗ニンジン、タツノオトシゴ、ムイラプアマ、トンカットアリ、ジャワトウガラシという成分が配合されている。ハマビシという成分は男性ホルモンを増やし、セックスの興奮を高めてくれる催淫効果があり、タツノオトシゴ、ムイラプアマという成分には、勃起を維持して中折れを防いでくれる効果がある。また、トンカットアリという成分には、血流を改善し、勃起力と持続力を高め、これも中折れしないペニスにする効果がある。最後に高麗ニンジンには、血流を改善し精子を増やす効果がある。

精力増強ジャムウ「アンクルバヤ」の詳細は以下をみてほしい。
→ 中高年のEDに効く精力ジャムウ「アンクルバヤ」の詳細解説

セックス時のペニスの中折れに効くジャムウ③「ジャクバン」

中折れ 悩み12

精力増強ジャムウである「ジャクバン(JAK-BAN)」は、60代の高齢者でも勃起してセックスができるようになるジャムウだ。バイアグラやレビトラなどの西洋の薬では副作用がキツくて飲めないという男性にもオススメのジャムウだ。

ジャクバンという精力ジャムウには、姜黄(きょうおう)、トンカットアリ、ショウガ、ヨヒンビン、高麗ニンジン、ナツメグ、サンレゴなどの成分が高齢者向けに配合されている。これらの成分の絶妙な配合によって、副作用がほとんどなく、高齢者でも勃起でき、セックス時のペニスの中折れも改善してくれる。

精力ジャムウ「ジャクバン」の詳細は以下をみてほしい。
→ 60代高齢者でもセックス可能!高齢者勃起ジャムウ「ジャクバン」

まとめ

セックスしている時にペニスが中折れしてしまうという悩みを持つ50代男性のために、中折れの原因を説明し、中折れを改善する方法、さらには身体への負担が少なくペニスの中折れを治す特効薬のジャムウをご紹介した。

50代男性がセックス時に(ペニスが)中折れしてしまう原因としては、①ストレス②間違ったオナニー③生活習慣④セックスのマンネリ化⑤精力の低下が挙げられる。そして(ペニスの)中折れを改善する食べものとしては、たんぱく質、タウリン、亜鉛、果物を積極的に摂取する必要があることをお伝えした。

またさらに、セックス時に(ペニスの)中折れを防ぐ精力剤としては、「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」というものがあるが、これらは50代の体には大きな負担をかけてしまうし、市販されているサプリのプロキオン、ペプチア、クラチャイダムなどには中折れ防止の効果に不明なものもある。そこで、インドネシアに伝統的に伝わる、セックス時に(ペニスの)中折れ防止に効果があるジャムウという特効薬をご紹介した。

ジャムウは、セックス時に(ペニスの)中折れを改善するばかりでなく、併せて精力を上げる効果がある。そのジャムウは、「ウラットマドゥ」「アンクルバヤ」「ジャクバン」という3つだ。「ウラットマドゥ」「アンクルバヤ」「ジャクバン」というジャムウのそれぞれの成分等も合わせて解説した。

なお、精力ジャムウの種類は非常にたくさんある。とくに50代男性のセックス時に(ペニスの)中折れを改善したり、早漏を防止したりする効果のあるジャムウもたくさんある。これについては以下の記事を参考にしてほしい。

→ 【総まとめ】プロが選んだジャムウ100選・精力増強や早漏防止について徹底解説

以上、「セックス時の中折れに悩む50代男性の特効薬はジャムウしかない」をお伝えした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。