セックス回数を増やすトップ

天然成分ジャムウの効果を使って中高年男性のセックス回数を増やす効果的方法

40代、50代の中高年の男性のために、ジャムウという天然成分の精力剤を使って、妻とのセックスの回数を増やす方法を紹介する。夫婦になって10年以上経つと妻がパートで働きに出たり、男性にも責任のある仕事が回ってきて、時間的にも精神的にも余裕がなくなり、夫婦のセックスの回数が減ってしまうという傾向がある。

セックスの平均回数と増えない原因

セックス回数を増やす1

セックスの回数は平均何回なのかは気になるところだろう。自分たち夫婦は多いのか少ないのか、様々な統計結果からセックスの回数の傾向を探っていく。ここでは世界の国々のセックスの回数と日本国内のセックスの回数をご紹介しながら、もっとセックスの回数を増やしたいのか、なぜセックスの回数が増えないのか、といった原因を調べていこう。

世界のセックスの平均回数

セックス回数を増やす2
[出典:Durex社 2006年調査結果より抜粋]

コンドームの世界的メーカーであるデュレックス(Durex)社で「年に何回セックスしますか?」というアンケートを世界中の国で2006年におこなった。1位のギリシャは、なんと11.5回/月(月に換算した)だ。1週間に3回はセックスしていることになる。日本は月平均で3.75回で、週平均にすると0.93回がセックスの平均回数で最下位だ。日本はギリシャの3分の1という結果で世界的にみても日本のセックス回数は飛び抜けて低い。ちなみに、ここインドネシアでは、月6.42回、週平均で1.6回のセックスをしている。

日本の年代別セックス平均回数

セックス回数を増やす3
[出典:相模ゴム2018年アンケート調査より抜粋]

世界の国々で日本が最下位だが、もっと詳しく日本国内で行なった年代別セックス平均回数を調べてみた。日本のコンドームのトップメーカである相模ゴム(商品名のサガミオリジナルはみんなお世話になっているだろう)の2018年の調査によると、20代男性が月4.9回であるが、30代が月3.0回、40代が月2.0回になる。50代になると月1.5回と激減する。全体のセックス平均回数としては、2週間に1回しかセックスしていない結果だ。デュレックス社のデータと異なっているが、私ジアウルハックからみて、日本人のセックスの平均回数は2週間に1回程度がマッチしていると感じている。

セックスの回数を増やしたいのか

セックス回数を増やす4
[出典:相模ゴム2018年アンケート調査より抜粋]

2週間に1回というセックスの回数に対して、もっと増やしたいのかというアンケートがある。相模ゴムがしたアンケート結果からみると、40代の男性は81.8%が、50代でも76.3%が「もっとセックスしたい」と回答している。多くの男女がもっとセックスの回数を増やしたいと願っていることになる。興味深いアンケート結果だ。「もっとセックスの回数を増やしたい。でもしていない」という矛盾があるからだ。これから、なぜセックスしたいのにセックスの回数が増えないのかを探っていこう。

セックスの回数が増えない原因

セックス回数を増やす5
[出典:相模ゴム2018年アンケート調査より抜粋]

2週間に一回以下というセックス回数に対して、もっと増やしたいと思っているのだが、どうして増えないのだろうかという原因を探ってみることにする。相模ゴムのアンケートによると、5つの項目がトップを占めていることが判明した。それは、

・相手がその気になってくれない
・セックスのきっかけがない
・仕事や家事で忙しくセックスする時間がない
・仕事や家事で忙しく疲れている
・結婚相手に飽きている
この5つだ。

なぜセックスの回数が増えないのか

セックス回数を増やす6

セックスをしたいのに、なぜセックスの回数を増えないのだろうか。その原因には、相手がその気になってくれない、きっかけがない、時間がない、疲れている、相手に飽きている、ということだった。私の意見では、これらの理由は”公式”な答えであって、本音ではないと感じている。

セックスの回数が増えない理由の中で、セックスをする時間がない、疲れているからという理由は、本当だろうか?若い頃を思い出してほしい。どんなに忙しくて疲れていても彼女を前にしたら、ムスコが我慢できなかったはずだ。そして、相手がその気になっていようがいまいが、なんとか言いくるめて(飲み誘ったり、新しいゲームあるんだ、などなど)キッカケを作り上げ、オオカミと化してしたはずだ。

40代、50代になっても、セックスをしたいという気持ちは変わっていないし、むしろ40代は増えている。しかし、実際にはセックスの回数が少なくなっているので、本当の理由は他にあるはずだ。

セックスの回数が増えない本当の理由

セックス回数を増やす9

アンケートでは見えてこないセックスの回数が増えない本当の理由を探ってみようと思う。セックスが増えない本当の理由として私ジアウルハックが3つをあげてみよう。それは、刺激がない、相手に受け入れられない、あそこが立たないという3つだ。

新鮮な刺激がない

20代の若い頃は、なんでも新鮮だったし刺激的だった。たとえそれが20歳以上も離れた年上女性でもお相手が迫ってくれば、ムスコは正直だったはずだ。また、同世代であればそれほど好みでなくても、「なんとなくやっちゃった」という経験はだれでもあるだろう。

ところが、どんなに美味しい料理でも毎日食べていると飽きてしまう。そこで新しい「オカズ」を求めてしまう。つまり、新鮮な刺激を求めて外に遊びに行ってしまう可能性がある。しかし、40代、50代ともなると理性が働き、家族のことも考えるし、家のローンもまだ残っているので、頻繁には外に遊びに行けないのが現実だろう。

相手に受けいられない

相手に受け入れられない最大の原因は、匂いだ。女性は男性の匂いに敏感なので、相手に受け入れてもらうには、嫌な匂いを消しておく必要がある。女性は男性の匂いを完全に記憶している。女性から求めてもらうには、男性がセクシャルで、好きな匂いであるべきなのだ。その逆が加齢臭などの嫌な匂いになる。

つまり、おじさんくさい匂いは、セックスを求めるどころか近寄りたくない存在になってしまうのだ。そのために、毎日お風呂に入って石鹸で洗うことだ。加齢臭は耳の後ろから発していると思う人が多いが、実は汗や皮脂がバクテリアによって変質したもので、発汗が多い背中や頭皮になる。さらに男性器周辺もデスクワークやブリーフなどで蒸れてしまい、嫌な匂いに変質している場合が多い。

人間の嗅覚は、ずっとその匂いの中にあると麻痺してしまう。自分では自分自身の匂いを感じることができないのだ。そのため自分では匂いがしなくても、石鹸でからだをやさしく洗い、嫌な匂いを消しておくことが大切になる。南国である、ここインドネシアには、汗の匂いやあそこの匂いを消すジャムウ石鹸というのがある。ジャムウ石鹸については、今後解説していくつもりなので、今しばらく待っていてほしい。

あそこが立たない

40代、50代の中高年にとって、だれにも言えない本当の理由が、あそこが立たないことだ。医学的にいうと勃起不全やEDと言われる現象だ。勃起不全になる原因には、精神的なストレスと加齢や習慣生活病などにより血流が悪くなることが重なって発生する。

セクシーな女性を前にして、脳が「勃起しろ」と命令しても、海綿体に血液が集まらずムスコが固くならなかったり、「中折れ」という途中で萎えたりしてしまう。これを改善するには今まではバイアグラという西洋の薬があったが、副作用がきつくてセックスの途中で激しい頭痛にみまわれたり、だるさなどが昼間の仕事に残る場合がある。

勃起不全(ED)には、ジャムウという精力剤が有効だ。複数の妻を毎日のようにセックスをしなければならなかった皇帝が愛用しており、副作用がなく、しっかりとボッキできるジャムウという精力増強剤だ。

セックスの回数を増やす方法

セックス回数を増やす7

夫婦がセックスレスになる最大の原因は、飽きてしまうからだ。セックスの回数少ないと2人の関係を悪化させているのだが、毎回のように男性側から求めるのは気が引けてしまう。そこで、妻から求めてくるように仕向ける方法を5つご紹介する。

どうして欲しいか聞く

妻にどうしてほしいのかを聞くことで、マンネリ化を防ぎセックスの回数を増やすことができる。なかなか普段からセックスについての会話やコミュニケーションは取りにくい。しかし、セックスの質を高め、相手も自分も満足のいくスキンシップを取るためには、オープンにセックスについて話し合うことが最短距離になる。特に40代のカップルなら、恥ずかしがらずにセックスの質を高めるディスカッションして欲しい。どうして欲しいのか、どういうことが気持ち良いのか、どんなことが好きなのか、どのくらいの回数がよいのか、などを聞くことで、キッカケもできて彼女から求めてくるようになる。

いつもと違う場所に移動

セックスを飽きさせないために、一番てっとり早いのは場所を変えることだ。毎回同じ場所でやっていること自体が飽きてしまうので、一緒に温泉旅行にいったり、あえてラブホテルにいってみたりすることだ。もっと簡単に場所を変えるのは、いつのもベットではなく、キッチンやバスルームでのセックスでも、布団なしの畳の上でというものある。いつもと違う場所に手を引いて連れて行ってほしい。

AVのマネをしてみる

男性は誰もが、中学生のころからHな雑誌やAVを見慣れている。最近では女性専用のAVもあるが、やはりAVは見慣れていないことが多い。そこで、わざと彼女や妻がわかるようにAVを見てみる。すると表面上は変な顔をするが、やはり興味が湧いてくる。チラチラとビデオを覗き見しているようであれば、「AVのマネをしてみよう」とか、「2人のビデオを撮ってみない」と誘ってみよう。AVを見ながら単純にマネをしてもいいし、DVDをセットしてみてから始めてもよい。すると、雰囲気が変わって女性も興奮を抑えきれない状態になる。

いつもと立場を変えてみる

男性が主導権をもってセックスをするのが一般的だが、逆に立場を変えて女性に主導権をもってもらう。これだけで雰囲気がガラッと変わる。普段は男性がサービスをしてあげて、女性が受けるという立場が多い。立場が逆転し女性が主導権を持った場合、女性が卑猥な言葉で攻め立て、男性が受ける側、従う側になる。マンネリ化の解消には、わざと女性に支配してもらうというセックスが突破口になる可能性は高い。

嫌な匂いを消す

女性は男性の匂いに敏感なので、嫌な匂いを消しておく必要がある。女性は男性の匂い記憶しているので、女性から求めてもらうには、男性がセクシャルで、好きな匂いであるべきなのだ。その真逆に位置するのは、加齢臭やタバコなどの嫌な匂いになる。

つまり、おじさんくさい匂いを消すには、毎日お風呂に入って石鹸で洗うことだ加齢臭は汗や皮脂がバクテリアによって変質したもので、発汗が多い背中や頭皮になる。さらに男性器周辺もデスクワークや汗などで蒸れてしまい、嫌な匂いに変質している場合が多い。

自分では自分自身の匂いを感じることができないので、匂いがしなくても、石鹸でからだをやさしく洗い、嫌な匂いを消しておくことが大切になる。インドネシアにあるあそこの匂いを消すジャムウ石鹸は非常に有効だ。毎日34度を超える真夏が続くインドネシアでは、男性も女性もあそこの匂いを消すために、自然素材を使ったジャムウ石鹸を愛用している。

勃起不全を改善する

女性が求めてくるのは、自分が魅力的であり、自分を求めてくれるという感情が欲しいのだ。その証拠として男性が勃起している、硬くなっている状態になっていることだ。勃起することで、自分に対して興奮している、自分を求めていることが五感で確認できるのだ。つまり、勃起しないということは、自分が求められていないのはないかと感じてしまう。

毎回しっかりと勃起することが男性に課せられた義務なのだ。しかし、仕事や人間関係でストレスが増大すると勃起不全、つまりEDになることが分かってきた。妻が魅力的な女性でありセックスもしたいと思うが、ストレスで勃起しないということがある。これが心因性勃起障害で、EDと呼ばれており現代社会の歪みなのだ。

この勃起不全(ED)を解消する薬として有名なのがバイアグラやシアリスという処方薬だ。しかし、バイアグラやシアリスなどの西洋の薬には、頭痛や赤面などの副作用が多くあり、翌日にも頭痛などが残って仕事が手につかなくなる場合もある。

ここインドネシアには、副作用もなく勃起できるジャムウという伝統薬がある。ジャムウの中で、中高年の日本人に一番オススメなのは、「マックスジョズ(MAXJOSS)」という伝統薬だ。マックスジョズは、トンカットアリ、ジャワ高麗人参、ジャワトウガラシ、デワの葉など天然植物を絶妙に配合されており、勃起出来るだけでなく2回3回とできる精力パワーもつけてくれる。さらに、飲み続けることで、勃起不全そのものを治してくれるのだ。

セックス回数を増やす8

マックスジョズ(MAXJOSS)の詳細は以下の記事を見てほしい。
ED治療ジャムウ「マックスジョズ」がストレスの溜まる40代男性に人気のワケ

女性から求められるようになるには、勃起することが最低条件なので、ジャムウなどのED治療薬を使って勃起することで、女性から求めてくるようになるのだ。

6.まとめ

中高年男性のために、世界と日本のセックスの平均回数やセックスの回数を増やしたいかといったアンケート結果と、セックスの回数が増えない原因と探りながら、ジャムウという天然成分の精力増強剤を使ったセックスの回数を増やす方法をお伝えした。セックスの回数を増やすには、まず勃起不全(ED)を改善することが必須条件になる。

世界と日本のセックスの平均回数には、3倍以上も差があり、日本はおよそ2週間に1回のペースだ。またアンケートでは、もっとセックスをしたいという男性が約80%前後いるにも関わらず、実際はセックスができていないことが判明した。また、セックスをしない理由としては、相手がその気になってくれない、きっかけがない、時間がない、疲れている、相手に飽きているが挙げられている。しかし、私ジアウルハックが思う本当の理由としては、刺激がない、相手に受け入れられない、あそこが立たない3つあげて解説した。

その中で、あそこが立たないという理由であれば、バイアグラよりも天然成分のジャムウである「マックスジョズ(MAX JOZZ)」をオススメする。マックスジョズはストレスの溜まる40代、50代に人気のジャムウだ。マックスジョズを飲むことで、少なくとも勃起不全(ED)にはならないので、好きなだけ妻をセックスに誘うことができるだろう。

以上「天然成分ジャムウの効果を使って中高年男性のセックス回数を増やす効果的方法」をお伝えした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。