高齢者セックス

【新】高血圧でも安心!高齢者のセックスで勃起できる秘薬ジャムウの使い方

60歳を過ぎてもセックスしたいという高齢者のために、高血圧や糖尿病でも安心して飲めるジャムウとその使い方をご紹介する。ジャムウとは、インドネシアに2000年以上前から王室に愛用されてきた伝統薬だ。その中でも、勃起系ジャムウは、王様が子孫を残すために何人もの側室とセックスするために重宝されてきた。現代でも、この勃起系ジャムウは妻や年下の女性とのセックスするために、ここインドネシアでも日本でも日常的に使われている。

高齢者セックス1

勃起する薬としてバイアググラが有名だが、残念ながら高血圧症の人には簡単に飲むことができない。それは血圧が下がりすぎてしまう場合があるからだ。バイアグラは血管を拡張し血圧を下げる効果があり、高血圧症の降血圧薬と二重に効いてしまい、血圧が異常に下がってしまう。血圧が下がりすぎると、立ちくらみやめまい、重症の場合には狭心症を起こして命の危険に陥る可能性がある。

ジャムウは、ジャングルに住む原住民や経験から導きだされた天然植物や動物から抽出された材料を使用しており、バイアグラのように、血圧が下がりすぎることはない。さらに副作用もほとんどなく、勃起不全や早漏を治療してくれる。また、糖尿病や心臓病の処方をされている人でも、安心して飲むことができて、科学的に証明されている勃起不全(ED)治療の伝統薬だ。

高齢者セックス2

今回は、高齢者(60代、70代)男性の最大のセックスの悩みを解決する秘薬(ジャムウ)を3種類ご紹介する。特に、「勃起不全(ED)」には、絶大な効果を発揮する。

目次
1.高血圧や心臓病でも使える「スパイダー」
2.ゆっくり確実に勃起する「ウラットマドゥ」
3.若いシカのツノ成分を配合した「タンドゥクルサ」

1.高血圧や心臓病でも使える「スパイダー」

高齢者セックス3

スパイダーの最大の特徴は、高血圧や心臓病、糖尿病などで医師から処方された薬を飲んでいる人でも安心して使えることだ。バイアグラやシアリスなどは、高血圧や狭心症の処方薬と一緒に飲むと危険な場合がある。血圧を下げるニトログリセリン系降血圧剤とバイアグラを併用すると、血圧が下がりすぎて、めまいや呼吸困難になったり、最悪は死に至ることもある。その点において、天然材料のみでつくられたジャムウ「スパイダー」は、併用してもまったく心配がない。

「スパイダー」の使い方

スパイダーは、セックスの1時間前に1カプセルまたは2カプセルを飲む。具体的には、挿入する1時間前で、飲むタイミングを逆算して飲んでほしい。できるだけ空腹のほうが良いが食事後でもかまわない。食事後の場合には効果が出るまでに多少時間がかかるが、アルコールは少量にしておいて欲しい。

スパイダーは処方薬と併用しても問題がないが、念のために血圧を下げる処方薬と同時にスパイダーは飲まないでほしい。処方薬はおおよそ3~5時間ほど効果が続くので、スパイダーを飲む日つまり、セックスをする日には、降血圧剤は飲まないことだ。また、スパイダーも効果は4~5時間ほど持続するので、夜にスパイダーを飲んだ場合には朝まで処方薬は飲まないほうが良い。

私の経験では、スパイダーはバイアグラと比べて効果が現れるまでに少し時間がかかる。バイアグラに慣れている人にとっては、少し効果が感じられるまで遅いと思うかもしれない。しかし、効果が現れて勃起すると持続力があるので、高齢者の人でも2回、3回とできるようになる。妻や年下の女性とのセックスをゆっくり楽しめるということだ。

「スパイダー」の有効成分

スパイダーには、以下の天然材料である有効成分が含まれている。
高齢者セックス4

スパイダーの有効成分
・霊芝
・ハマビシ
・サンシュユ
・ダミアナ
・ムイラプアマ
・ノコギリヤシ
・シナモン
・高麗ニンジン
・タツノオトシゴ

霊芝は精力を上げ、糖尿病の治療にも使われている。ハマビシには、男性ホルモンの分泌を促しより男らしい筋肉と性欲をあげてくれる。サンシュユやダミアナ、ムイラプアマ、ノコギリヤシは、天然のED治療薬であり、血液の流れを改善し、固く勃起できるようになる。高麗ニンジンには滋養強壮の効果があり、体力を向上してくれるので、2回、3回とできるようになる。

つまり、スパイダーは、全ての天然材料は「固く勃起して、持続する」ために必要な天然材料を集めた最高級ジャムウだ。スパイダーには、ニトログリセリン系化学成分は含まれていないので、高血圧、糖尿病、心臓病であっても、安心して飲むことができる。さらに、バイアグラなどに起こりがちな「動機」「頭痛」「赤面」などの副作用は報告されていない。つまり、外見的にはまったく精力増強剤を飲んでいるとはわからないのだ。妻とのセックスでも、若い女性とのセックスでも、前もってこっそり飲んでおけば、今までの勃起力とはまったく違い、アソコが見違えるほど固くなっているのがわかるだろう。

スパイダーの詳細は、以下の記事を読んでおいて欲しい。
EDを完全克服して早漏も治るジャムウ「スパイダー」の効果は本当か?

2.ゆっくり確実に勃起する「ウラットマドゥ」

高齢者セックス5

ウラットマドゥは、他のED治療薬と比較してゆっくりと効いてくるタイプだ。日本でも昔からジャムウの定番でありリピーターも多くいるので、しっかり勃起できることは証明済みだ。

若者に人気があるジャムウであるコブラXは、おおよそ30分ぐらいでアソコが勃起し始めるほど速効性がある。しかし、中高年や高齢者にとっては、体の変化が急激に起こると、動悸が激しくなったり赤面や頭痛などを起こしやすい。その点、ウラットマドゥは効果が出るまで1時間以上かかり、じわじわと効果が現れるのでこのような副作用は起きにくい。

逆にいうと、効果が出てしっかり勃起するまでの時間を前戯に集中できる。中指やおもちゃなどで女性があえぐ姿を眺めながら楽しめるということだ。そして、いよいよ挿入時には、しっかりガチガチに固くなっているというわけだ。

ウラットマドゥの使い方

ウラットマドゥは、セックスの1時間前に1カプセルまたは2カプセルを飲む。食事後に飲むと、有効成分が効き始めるまでにさらに時間がかかってしまうが、体には負担をかけない。ただし、満腹になるまで食べたり、泥酔するほどお酒を飲むことは避けて欲しい。食事は腹八分目に止めておいて、アルコールは心臓に負担をかけるので控えめにしておいてほしい。

ウラットマドゥは、高血圧や心臓病の人にはオススメしていない。それは、ウラットマドゥには、勃起中枢神経に直接作用するヨヒンビンが含まれており、興奮を抑えきれないと動悸や血圧が上がりすぎてしまうからだ。逆にいえば、興奮状態を自分でコントロールできる自信があれば、ウラットマドゥを飲んでも問題ない。

ウラットマドゥの有効成分

ウラットマドゥには以下の天然材料が使われている。
高齢者セックス6

ウラットマドゥの有効成分
・ナツメグ
・ヨヒンビン抽出物
・トンカットアリ
・ショウガ
・姜黄(きょうおう)

ナツメグは、性的な興奮を増大させる働きがあり、消化器系の治療薬として使われている。

ヨヒンビンは、ヨヒンベ樹皮から採れる液体で、ED治療に効果があることが大学の研究でわかっている。ヨヒンビンの作用は、性的な刺激(女性の裸を見たりしたとき)に脳の前頭葉にある勃起中枢神経が刺激され、アソコが勃起すように命令を出す。つまり、勃起中枢を直接刺激し興奮状態にさせ、アソコの血管を拡張させて勃起する作用がある。

トンカットアリは、男性ホルモンであるテストステロンを分泌させ、血流を良くして勃起不全や早漏に効果がある。ショウガには、精力増進の効果があり、高血圧の治療にも使われている。姜黄(きょうおう)とは、ウコンのことで消化を助け、肝臓病に効果がある。さらに、抗炎症作用があり、コレステロールを下げてくれる。

ウラットマドゥに含まれる有効天然成分を使い、まさに中高年や高齢者向けに調合された精力増強&勃起系ジャムウなのだ。天然成分であるために、飲んでから体に吸収されるまでに時間がかかるのだが、一度勃起してしまえば長時間のセックスにも耐えうることができる。おおよそ3~4時間は勃起することが実験で分かっている。

ウラットマドゥは、年金支給日前には必ず購入して入手しておくことを、強くオススメする。1回のセックスで1カプセルでも十分に効果があるので、残りの1カプセルは次回のセックスまでとっておけば良いので経済的だ。ただし、効果を倍増させようと思い、2カプセル以上飲むことはしないで欲しい。高齢者にとっては、体の負担が大きくなり、赤面や動悸などの副作用が起きる可能性があるからだ。

ウラットマドゥの詳細は以下を見て欲しい。
中高年にオススメの精力ジャムウ「ウラットマドゥ」の徹底解説

3.若い鹿のツノ成分を配合した「タンドゥクルサ」

高齢者セックス7

タンドゥクルサは、生後2年以下の若い鹿のツノの成分を配合した精力増強と勃起系ジャムウだ。鹿のツノといっても、はく製にするような大きな立派なツノではなく、生え始めのツノで「鹿茸(ろくじょう)」と呼ばれるものだ。この鹿のツノには、男性ホルモン、アミノ酸、コラーゲンを豊富に含んでおり、勃起不全の治療薬や精力増強剤として古くから使われてきた。

ダンドゥクルサというジャムウの名前は、インドネシア語で「鹿のツノ」という意味になり、勃起不全を克服して性欲を高めて、より男らしくしてくれるのだ。タンドゥクルサは、勃起持続力と回復力があり、特に若い女性とのセックスのためにも、若いパワーつけてくれるジャムウだ。

タンドゥクルサは、勃起を持続する時間が長いので、若い女性でも満足させることができるし、射精後の回復力もあるので、「3回はできる」という中高年の方もいる。

タンドゥクルサの使い方

タンドゥクルサは、セックスの1時間前に1カプセルまたは2カプセルを食後に飲む。食後に飲むことで、有効成分が急激に体に吸収されずに、長時間にわたり効き続けるのだ。ただしアルコールは体に負担をかけるので、控え目にしておいて欲しい。

タンドゥクルサは、ヨヒンビンが含まれているので、高血圧や心臓病の人にはオススメしていない。ヨヒンビンは、勃起中枢神経に直接作用するので、若い女性を目の前にして興奮を抑えることができないと、血圧が上がったり心臓の鼓動が激しくなる可能性があるからだ。若い女性でも興奮を抑えられることができれば、問題はない。また、念のためタンドゥクルサを飲む日には、処方薬は飲まないで欲しい。タンドゥクルサは速効性が強いため、体の調子が良い時に飲んで欲しい。動悸、赤面、などが起きる可能性があるからだ。
また、タンドゥクルサには偽物が流通しているので、信頼できる業者から購入してほしい。

タンドゥクルサの有効成分

高齢者セックス8

タンドゥクルサには、以下の天然材料が使われている。

タンドゥクルサの天然成分
・トンカットアリ
・鹿のツノ
・トゲヨウジ
・高麗ニンジン
・ヨヒンビン
・霊芝(レイシ)
・タツノオトシゴ

トンカットアリは、「ジャングルのバイアグラ」と呼ばれており、アマゾン原住民によって発見された。男性ホルモンを分泌させ、精力を向上させてくれる。鹿のツノは、ドイツの研究機関でED治療薬としての効果があるとされており、心臓機能を向上する効果もある。

トゲヨウジは、タツノオトシゴの一種で日本では「海竜(かいりゅう)」と呼ばれ、インポテンツや頻尿治療として漢方でも使われている。高麗ニンジンは、精力増強で世界中で有名で、糖尿病や動脈硬化の治療にも効果がある。ヨヒンビンは、ヨヒンベ樹皮より採取されるエキスで、ED治療薬として使われている。

霊芝(レイシ)は、マンネンタケと呼ばれ、免疫力を高めて、高血圧も低血圧も改善してくれる。記憶力も高め、疲労回復力が優れている。タツノオトシゴは、ED治療薬や咳を止める効果がある。薬膳料理にも使われている精力増強してくれる。

タンドゥクルサには、世界中から勃起不全を治す効果のある天然成分を集めて配合されており、これで勃起しないわけはない。さらに、タンドゥクルサは持続力と回復力もあることが実験でわかっている。つまり、勃起し続けるとともに、射精後の回復力もあるので、1晩で2回、3回、4回とやりたい若い女性のいるお店に行く時には、飲んでおきたいジャムウになる。

タンドゥクルサは、ヨヒンビンが含まれているので、心臓病や高血圧の処方薬を飲んでいる人にはオススメしない。ただし、セックスをする日(タンドゥクルサを飲む日)を決めておけば、その日は処方薬を飲まなければよい。若い女性がるお店には、年金を銀行で下ろして若い女性がいるお店に行く場合には、その日の朝は処方薬は飲まないことだ。

タンドゥクルサの詳細は以下を読んで欲しい。
ジャムウのタンドゥクルサ徹底解説!勃起の持続力と回復力は本当か?

高齢者セックス9

まとめ

高血圧や糖尿病でも安心して飲める高齢者のセックスを援助する精力増強・勃起系ジャムウを3種類ご紹介した。バイアグラを飲めずに勃起しないで悔しい思いをした人にとって、ジャムウはしっかりと勃起できる救いとなるだろう。

ジャムウは天然材料を使っており、体に負担をかけず、赤面や動悸などの副作用もほとんどない。ただし、ジャムウの使い方を守って飲むことで、安全に妻とのセックスや、若い女性とのセックスが可能にしてくれるのだ。特に、今回ご紹介したスパイダーは、高血圧や心臓病であっても、いつでも飲むことができるので、年金支給日までには必ず入手しておいて欲しい。

以上「高血圧でも安心!高齢者のセックスで勃起できる秘薬ジャムウの使い方」と題してお伝えした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。