フィンペシア副作用

育毛薬フィンペシアの副作用の勃起不全(ED)や精力減退を防ぐ方法

育毛薬フィンペシアを服用すると、副作用として勃起不全(ED)や精力減退などの残念な症状が発生する可能性が大いにある。じっさい説明書にもそう書かれている。フィンペシアは頭髪が薄くなってきた男性が育毛・増毛のために服用する薬なのだが、同時にその副作用で勃起不全(ED)になったり、セックスできないという精力減退を引き起こす恐れがあるのだ。

薄毛が気になりだし、頭髪に自信が持てなくなった男性がフィンペシアを服用する場合に、育毛・発毛という見た目を取るか、セックスしたいという性欲を取るかという究極の選択を迫られることになる。だが、心配する必要はない。育毛薬フィンペシアを服用しながらもその副作用を抑えつつ、勃起不全(ED)と精力減退を防ぐジャムウという天然素材のサプリメントをご紹介する。

育毛薬フィンペシアの副作用が心配な人にはぜひ読んでいただきたい。

フィンペシアの効果と副作用

フィンペシア副作用1

育毛薬フィンペシアの効果とフィンペシアの副作用として勃起不全(ED)や精力減退、中折れといった男性機能の障害が起こるメカニズムについて解説する。

育毛薬フィンペシアとは

フィンペシアとは日本では承認されていないインド産の飲むタイプの育毛薬である。日本で公認されている育毛薬「プロペシア」のジェネリック版と認識されているが厳密には異なる薬だ。フィンペシアの主成分は「フィナステリド」という男性ホルモンを抑制する物質であり、プロペシアと同じ主成分である。価格もフィンペシアは、プロペシアの10分の1程度なのでジェネリック医薬品だと勘違いされている。

フィンペシア副作用2

いわゆるフィンペシアはプロペシアのコピー商品であり、法的には「グレーな薬」の扱いになり正規購入ルートでは手に入れることができず、特別な許可を得ている病院や個人輸入または転売サイトなどが入手ルートとなる。

フィンペシアの製造元はインドのシプラ社という製薬会社で、その取り扱い薬品は多岐に渡るのだが、世界170カ国に薬を輸出している従業員16,000人以上の大企業だ。

なぜフィンペシアが「グレーな薬」と言われるのかというと、これには製造地のインドの法律が関係している。コピー元である米国メルク社が開発したプロペシアの国際特許が2019年5月まで有効なのだが、インドでは2005年まで国際特許の用途特許と物質特許のうち、用途特許のみが国で定められていた。インドでは国際特許が有効期間内であっても2005年以前に製造販売されていた薬に関してはグレーゾーンに当たるとしたため、特許を保有しているメーカーに対して交渉さえすれば同成分の薬の製造発売が可能だった。こうしてコピー薬(グレーな薬)はインド国内では製造発売されている。

【物質特許と用途特許】
「物質特許」とは、新しく開発された医薬品や食品、化学物質に対して取得される特許で、一番特許としての効力が強い。「用途特許」とは、すでに開発されている医薬品等の化学物質でも、新しい使い方を見出したことに対して与えられる特許だ。つまり、物質特許はまったく新しい発明で、用途特許はすでにある物だけれども「別の使い方ができることを発見した」という特許になる。

育毛薬フィンペシアの価格

フィンペシアの価格は1錠30円程度で、毎日1錠を服用するとしたら月に1,000円前後しかかからない。日本での公認薬であるプロペシアを病院で処方を受けると、1錠あたり250円程度かかり、月では7,500円にもなってしまう。コストパフォーマンスは圧倒的にフィンペシアの方がいいのだ。プロペシアのジェネリック薬もあるが、正規品の75%程度でしか安く入手できない。

育毛薬フィンペシアの効果と副作用のメカニズム

フィンペシア副作用3

抜け毛の一番大きな原因は「ジヒドロテストステロン」という男性ホルモンにあるそうだ。ジヒドロテストステロンが皮脂を過剰に分泌させることで抜け毛が促進され薄毛になると言われている。言い換えれば、ジヒドテストステロンが生成されなければ抜け毛は起こらないということになる。

ジヒドテストステロンは男性ホルモンの「テストステロン」と「5αリダクターゼ」という酵素が結びつくことで生成される。テストステロンは精巣で作られていて、体全体にテストステロンが運ばれて行き、頭皮部分に多く存在する「5αリダクターゼ」と結びついてジヒドテストステロンに変化する。困ったことに、ジヒドテストステロンは頭皮に集中して残留するため、頭髪が抜けるという影響を受けることになる。

このテストステロンと5αリダクターゼの2者の困った結合をブロックする効果があるのがフィナステリドという物質だ。男性の抜け毛予防や育毛促進のために、テストステロンと5αリダクターゼの合体を阻止し、ジヒドテストステロン生成させない働きをするのがフィンペシアという育毛薬だ。

しかしながら冒頭にも書いたように、フィンペシアを服用すると困った副作用が現れる。勃起不全(ED)や精力減退だ。フィンペシアの副作用については、医師や看護師、薬剤師も認めている。看護師いわく「勃起不全や精力減退になる人もいます。また、精子の量が減るので、子作りに励むのであれば服用はしないでほしい」と。さらに恐ろしいことには、服用をやめてからも症状として勃起不全(ED)や精力減退が継続することもあるそうだ。

フィンペシアの副作用ツイート

フィンペシア副作用4

フィンペシアを服用すると、勃起不全(ED)や精力減退の副作用が本当に起こるのか、twitterで調査を行なった。すると、下記のようにフィンペシアを飲むと「性欲なくなった」「性欲減退と筋肉の衰え」「勃起不全」「ちんこの発育に障害」という副作用が現れたとのツイートが確認された。

育毛薬フィンペシアを飲んではいけない男性

フィンペシア副作用5

育毛薬フィンペシアは、肝機能が弱い人や前立腺ガンの人は服用を避けるべきだ。飲酒後はもちろん禁止だ。フィンペシアの成分は肝臓で分解される。飲酒後のアルコール分解のために活発になっている肝臓に、さらに追い打ちをかけてしまう状態になってしまう。

また、フィンペシアの副作用として報告が多い症状としては、食欲不振や吐き気、発熱、腫瘍の形成などが挙げられる。肝機能が弱い人は医師に事前に相談した上で慎重に服用すべきだ。

そして、正しい量の5倍(5錠)以上を継続的に服用すると、前立腺ガンの危険性が高まるという指摘もあり、すでに前立腺ガンの方は使用してはいけない。なお、女性はフィンペシアを飲んではいけない。女性ホルモンのバランスを崩し、奇形児の出産や重い更年期障害のような症状が現れるからだ。

フィンペシアの効果の現れ方

フィンペシアの効果は通常3ヵ月〜6ヵ月の連日投与により現れることが多いとされている。もちろん個人差はあるが、効果の目安としては3カ月で抜け毛の減少や産毛が生え始め、4カ月から6カ月で産毛が太くなり、6カ月から1年で生え際が前進し毛髪ボリュームがアップする。つまり、最低1年間は毎日飲み続けなければならない。

フィンペシアの副作用を防ぐジャムウ

育毛薬フィンペシアを飲めば確かに発毛の効果を得ることができる。しかしフィンペシアの副作用で勃起不全(ED)や精力減退になってしまう。勃起不全(ED)になることは諦めて発毛という見た目をとるか、反対に性欲の赴くままに見た目はどうでもいいのでセックスを楽しむことをとるのかという究極の選択を迫られるように思うかもしれない。いや、実際に二者択一なのだ。

しかし、安心してほしい。フィンペシアで育毛・発毛を促進(服用)しながら勃起不全(ED)や精力減退を防いでしまうジャムウというサプリメントをここで紹介する。ただ単にジャムウを飲むというなんとも手軽な方法だ。育毛薬フィンペシアとジャムウという精力増強剤の組み合わせで、薄毛の悩みと勃起不全(ED)が完璧に解決できる。

フィンペシアの副作用を抑える薬ジャムウとは

フィンペシア副作用10

ジャムウはフィンペシアの主成分であるフィナステリドと合わせて飲んでも大丈夫な精力剤だ。フィンペシアで毛髪を増やしながら、セックスしたい時にジャムウを併用することができる。フィンペシアの副作用である勃起不全(ED)や中折れ、精力減退といった症状をこのジャムウで防ぐことができる。いや、以前よりもペニスの勃起力や持続力、そして精力増強になったという報告もたくさんある。

ジャムウとはインドネシアで老若男女に深く浸透している漢方で、植物の根や葉といった天然素材を調合して作られる。なぜインドネシアでここまで根強くジャムウが浸透しているかというと、健康面だけでなくインドネシアが一夫多妻制を採用していることにも由来している。複数の妻を持つ男性は一夜で何回もセックスをしないといけないケースも多く、ジャムウが必要とされてきた。

実際に近年、天然由来のインドネシアの漢方と言われるジャムウが日本でも、勃起不全(ED)や精力増強、滋養強壮として注目されるようになってきている。精力アップや勃起不全(ED)の治療薬として使用する成人男性が増えてきているのだ。そして、このジャムウはフィンペシアの主成分であるフィナステリドと合わせて服用してもまったく問題はない。

フィンペシアと併用できるおススメのジャムウ

フィンペシアと併用し、勃起を助けてくれるジャムウとしておススメなのが、「パエ(PA’E)」という勃起系ジャムウだ。パエには、高麗ニンジン、マソイヤ、レンプヤンワンギ、マジャの葉など植物エキスをバランスよく配合してある。特にマソイヤは、エルメスの香水にも使われており性欲を向上させてくれる。

さらに、レンプヤンワンギという植物の成分はジャングルから取れる万能薬で、体を温めて血行を良くしてペニスの勃起を助けてくれる。パエをセックスの1時間前に飲んでおけば、性欲も増し、勃起不全(ED)を完全に克服してくれる。「パエ(PA’E)」の詳細は以下だ。

フィンペシア副作用8

→ 勃起系最強ジャムウ「パエ(PA’E)」の効果と飲み方徹底レビュー

まとめ

フィンペシアには男性ホルモンを抑制するフィナステリドという成分が育毛に関係していることがわかったと思う。しかし、フィンペシアの副作用として勃起不全(ED)や精力減退といった症状が現れる。引用したツイートでも「勃起不全(ED)」や「精力減退」、「中折れ」といった副作用を指摘する声が多かった。

解決策として精力増強サプリメントのジャムウを併用することで、薄毛対策をしながら勃起不全(ED)・精力減退が克服できることを説明した。中でもとくにおススメのジャムウは、勃起系最強と言われる「パエ(PA’E)」というジャムウだ。この「パエ(PA’E)」というジャムウは、天然材料がふんだんに使用されており、勃起不全(ED)や精力減退を防ぐだけではなく、さらなる精力アップも期待できる優れたサプリメントだ。フィンペシアとの併用もまったく問題ない。

つまり、育毛薬フィンペシアと勃起系ジャムウであるパエを併用することで副作用の「勃起不全(ED)」や「精力減退」を防げるということだ。以上、「育毛薬フィンペシアの副作用の勃起不全(ED)や精力減退を防ぐ方法」をお伝えした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。