ED-ジャムウ-top

ED(勃起不全)で悩んでいる方が絶対に知っておくべきEDの改善法

ED(勃起不全)で悩む男性に向けて、ED(勃起不全)になる原因を説明する。さらに、ED治療薬で有名なバイアグラとインドネシアの漢方ED治療薬と言われるジャムウとの違いも説明する。そして、ED(勃起不全)治療は生活習慣を改善することで、ある程度の改善効果が期待でき、最近ではバイアグラよりも効果の高いジャムウがED治療薬として選ばれている理由も今回は説明していく。

専門病院に行かなくてもED(勃起不全)は治してしまえるのだ。※もちろん100%治るということはありえないが、多くの方が効果がでているので記事にする。

だから少し長くなるかもしれないが真剣に読んでほしい。

男は何歳まで勃起できるのか?

ED-ジャムウ01

男性は何歳まで勃起できるのかな? と思ったことはないだろうか。70歳になってもセックスをガンガンにしている男性はいる。しかも若い娘とガンガンにセックスをしていたりもする。このように「生涯現役で勃起」という言葉がふさわしい男性がいるかと思いきや、反対に勃起もしなければ射精もしないという若い男性も増えている。

はたまた「若い頃は1日に何回もセックスができた・・・」「10代の頃は1日中勃起しっぱなしだった・・・」と、武勇伝を酒の席で語る30代、40代の男性は多い。それが真実かどうかは置いといて、やはり年齢とともに勃起不全になっていると感じている男性は多いのだ。

ED(勃起不全)などの性機能障害研究のスペシャリストである白井將文医師が行った調査で、日本人男性のED患者数は40歳代で約20%だと判明した。5人に1人がED(勃起不全)ということになる。また50歳代では約60%、60歳代ともなると約60%がED(勃起不全)なのだ。高齢化社会とはある意味勃起不全社会なのだ。

勃起の仕組み

ED-ジャムウ02

性的刺激から血液中に放出される一酸化窒素が、ペニスにある陰茎深動脈と螺行動脈を緩ませると多量の血液を受け入れる状態にペニスはスタンバイされる。そこに多量の血液が流れ込むことでペニスが膨らんで勃起する。ただ単にペニスをさすれば勃起するというわけではない。

したがって、動脈硬化などによる血管障害があったり、糖尿病や高血圧といった生活習慣病(予備軍も含む)だったりすると、ED(勃起不全)は起こりやすくなる。つまり、ED(勃起不全)の原因は主に生活習慣にあり、30代を超えてくれば男性はED(勃起不全)の症状が現れてもおかしくない。

夜中のトイレはEDの兆候か?

ED-ジャムウ03

男性のトイレの回数には男性ホルモンのテストステロンが関係している。テストステロンという男性ホルモンが減少すると、尿を濃縮する機能が低下するのでトイレの回数が増えてしまう。夜中のトイレが多いから必ずしもED(勃起不全)とは限らないが、その兆候の1つとして考えられている。

このテストステロンには、前段の勃起の仕組みで書いた一酸化窒素(NO)を産み出す働きがあり、夜中に何度もトイレに行く場合は、このテストステロンが低下している可能性が高く、すなわち一酸化窒素が正常に産生されていないことが考えられる。頻尿を軽視していると、体内の一酸化窒素が不足してしまい、ペニスに何らかの不調が現れるのは当然とも言えるだろう。

健康な男性の夜間の尿量は昼間に比べて少なく、一度眠ったら朝までトイレに行かなくても平気だ。しかしテストステロンが減り、尿の濃縮が行われないと、夜中に何度もトイレに行かなければ間に合わなくなってしまう。

高齢になればなるほど頻尿を患う人が多いのは、加齢に伴う男性ホルモンの低下が原因と考えられ、必然的に一酸化窒素の不足も懸念される。40代以上の男性で夜中に2回以上トイレに行く方は、一度病院で受診した方がいいかもしれない。

男性ホルモンのテストステロンと一酸化窒素(NO)との関係、これらに勃起が影響している。男らしさはもちろん、勃起を始めとする男性機能を正常に維持していくためには、テストステロンと一酸化窒素(NO)はどちらも不足してはならないものだ。

テストステロンを増やすためには、しっかりと睡眠をとり、疲労とストレスを溜め込まない生活習慣を心がけることが必要だ。また、有酸素運動や筋トレで筋肉に刺激を与えるのも効果的だ。このテストロテンは、男性ホルモンの一つであるため精巣(睾丸)で産み出されるが、実は精巣(睾丸)は活性酸素に弱い。玉ねぎやニンニクなど抗酸化作用のある食品で、精巣(睾丸)も健康な状態に保つことを心がけよう。

そして一酸化窒素(NO)は、血管内皮細胞から産生されるので、有酸素運動をするとこの血管内細胞が活発になり体内産生量が増加する。ストレッチやマッサージなどで、血液の循環を良くするのもED(勃起不全)防止には効果的なのだ。

また、スイカや冬瓜、瓜類に含まれるシトルリンには血管を拡張する作用があり、青魚の脂に含まれる不飽和脂肪酸(DHA・EPA)は血管内皮細胞の機能を向上させる。特に不飽和脂肪酸(DHA・EPA)は生活習慣病の予防にも推奨されている食品である。いろいろな病気を回避するためにも、これらを積極的に摂取すればED(勃起不全)防止だけでなく健康維持にも効果的だ。

つまりED(勃起不全)を防ぐためには、生活習慣と食生活を見直してテストステロンと一酸化窒素(NO)の分泌を高めることが重要だ。

女性は男性のペニスのサイズを気にするか?

ED-ジャムウ04

温泉などで他人のペニスを見たときに、彼らは勃起しているのではないか? と思ったことはないだろうか。彼らは勃起しているわけではない。ペニスの平均サイズや基準はよく分からないのが現実なのだが、AVやエロサイトのコラムなどで情報を収集し、自分のペニスのサイズと比較して、自信満々になる人もいれば落ち込む人もいるだろう。

では女性はどうだろうか? なんと女性は男性のペニスのサイズをしっかりチェックしている。例えば、体育会系の男性と初めてセックスをしたときその男性のペニスのサイズが小さいと女性はガッカリするらしい。逆に見た目草食系の男性が、意外に大きなペニスを持っていると、そのギャップに惚れ直してしまうらしい(女性談)。男性のペニスのサイズが女性の本能に与える影響は大きいということだ。

そしてペニスの硬さは女性のオーガズムに大きく影響する。セックスに快楽を求めるのは男性も女性も同じなのだから、ペニスは大きくて硬い方が好まれる。男性は性的刺激や性的興奮によって勃起すると女性もよくわかっているので、逆にいざという時に男性のペニスがふにゃふにゃだと、女としてのプライドは傷ついてしまう。ED(勃起不全)というものは、快楽云々だけでなく、時に大切なパートナーを傷つけてしまうことにもなる。

非情にもED(勃起不全)の症状は男らしさを欠いているとされ、女性からは非難の対象とされてしまうということだが、セックスがスムーズにできなかったことでパートナーとの間に溝ができてしまったりもする。噂が広まりEDのレッテルを貼られてしまうこともある。かなりの性悪女性に引っかかってしまった場合には、女性の方が未練を断ち切るのが早いので気をつけよう。

だからこそ、女性と交際するからにはEDを(勃起不全)放っておいてはいけない。セックスのテクニック以前にペニスに自信のない人(勃起できない人)は、今すぐに現実と向き合い行動していただきたい。

朝立ち(勃起)は男の健康のバロメーターだ

ED-ジャムウ05

朝立ちとは、朝起きた時に勃起していることだが、私たちの睡眠はレム睡眠とノンレム睡眠が交互に繰り返されていて、起きるタイミングでレム睡眠だと脳はせっせと働いている状態なので朝立ち(勃起)しやすいと言われている。

この朝立ち(朝勃起)はエッチな夢を見たり、性的刺激が行われたりしてペニスが勃つのではなく、無意識に起こる現象だ。朝立ちは健全なものなので恥ずかしがる必要は無い。むしろ朝立ちをしたら男性機能がベストな状態だと自信を持つべきだ。

ペニスは長期間にわたって勃起しないでいると、ペニスの血管や海綿体が硬くなってしまい血流が悪くなる。一酸化窒素が放出されて、ペニスに血液が流れ込むことで勃起するのだから、血液を受け入れる環境が悪ければED(勃起不全)の進行を早めてしまう。

セックスもマスターベーションもせずに、ペニスを放っておくと男性機能が衰えてしまいかねないので、ED(勃起不全)予防をするために身体は無意識ながらもペニスが勃起する指令を出して反応させる。つまり朝立ちは、ペニスの調子を整えてくれる現象で、健康のバロメーターに他ならない。

じつは朝立ちに限らず、寝ている間のレム睡眠時にも勃起が何度も繰り返されている。これは勃起に関わる体内システムを正常に保ち、新鮮な血液を送り込むことで血管や海綿体の働きをスムーズに維持していくためにはとても大切な動きだ。しっかりと睡眠をとれば、ペニスも健康になるということだ。

自慰(マスターベーション)はED(勃起不全)を助長するか?

ED-ジャムウ06

自慰行為(マスターベーション)のしすぎがED(勃起不全)の発症に関係しているのかという話しだが、男性が一生のうちに産生する精子の量には限りがあるという根拠のない噂もあり、若かりし頃にマスターベーションのやり過ぎを後悔しているED患者は多いのではないだろうか。

自慰行為は決して悪いものではなく、むしろペニスの血管や海綿体を柔軟に保つために有効だ。マスターベーションを朝晩毎日している男性でも、いざという時にはしっかり勃起する。逆にセックスをする機会がなく、さらに自慰行為(マスターベーション)もしない男性ほどED(勃起不全)予備軍と言える。

ただし自慰行為(マスターベーション)での射精に慣れすぎると、セックスの時にイケなくなってしまうかもしれない。自慰行為は貴方自身が気持ちいいようにペニスを触り、射精しやすいようにできるのでまさに自分本位のプレイなのだ。しかしセックスは、パートナーとの相性次第というのはご周知のとおりでチームプレイだ。自分の右手が心地よすぎて、セックスではイケなくなってしまう危険性があるので注意しよう。

また、心因性ED(勃起不全)の場合には、オナニーでは問題なく勃起するのにセックスだと勃起しないという症状が出てしまう。これは心身のストレスや過去のトラウマといった心理的要因のために、男性機能にトラブルが生じるケースである。仕事の疲れだったり経済的な不安だったりが起因している。または以前のパートナーに「セックスが下手くそ!」「ペニスが小さい!」「このインポ野郎!」など言葉のDVを受けたことが心の奥で解消しきれていないのかもしれない。この場合は専門家のカウンセリングが必要になってくるので、一人で悩まず医師に相談することをおススメする。

ED(勃起不全)治療は病院に行くという選択

ED-ジャムウ07

「最近ペニスがふにゃふにゃしてきたかな・・・」「勃起の調子がイマイチだな・・・」などペニスについての不安を感じた場合、病院へ行くという選択肢もある。心理的な要因で勃起しないのか、血管や神経の障害が原因なのか、ある特定の薬の服用によるものなのかなどを専門医に相談してみるというED(勃起不全)の治療方法もある。

男性のデリケートな部分であるペニスの問題は、何科を受診すれば良いのか戸惑う人もいるかもしれないが、ED(勃起不全)治療については泌尿器科と内科で診てもらえる。また、ED(勃起不全)を専門に取り扱うクリニックも近年増えてきている。まずはかかりつけの内科にED(勃起不全)について相談し、ED治療を得意とする病院に紹介状を書いてもらう方法がいいだろう。

また、ED(勃起不全)治療専門クリニックはプライバシーにも配慮してくれるので余計なストレスがない。一般の病院では初診時に待合室で問診票などを記入したりするが、ED治療専門クリニックの場合はED患者の気持ちを熟知している。ストレスフリーに受診でき、リラックスした状態で治療を受けることもできる。

一般的にEDの治療にはED治療薬が用いられる。現在3種類のED治療薬が日本で認可されているが、既往歴や服用中の薬との相性などで服用NGの薬もある。身体に合ったものを医師・薬剤師から処方してもらう。また薬の処方と併せてカウンセリングが行われる場合もある。特に心因性EDの場合には有効なので、ED(勃起不全)の完治のために過去の自分に向き合ってみよう。

自分はED(勃起不全)だけど病院に行きたくない人は!

病院の受診がいやな人、時間がない人、面倒くさい人もいるだろう。ED治療のお金が惜しい人もいるかもしれない。そんな人におススメなものがインドネシアの漢方薬ジャムウである。インターネットでこのジャムウは購入できる。手軽で便利にED(勃起不全)治療ができてしまう。また、ジャムウは医薬品ではないので、誰でも手軽に入手でき値段的にもリーズナブルなのだ。

もっとも普通のED患者のほとんどが精力増強剤はバイアグラが王道で、その他にシアリスやレビトラがあり、サプリメントでは薬局で売られている栄養補助食品だというくらいの知識しかない。しかし、もっとED(勃起不全)に効果がある薬がこのジャムウだ。以下の記事も参考にしてみてほしい。

→ ED治療薬はシアリスでいいのか!?副作用や成分、購入する前に知っておくべき情報
→ ED治療薬のレビトラの効果は本当か?通販や病院で購入する前に知っておくべき注意点

「ジャムウ」とは、インドネシアで古くから受け継がれてきた民間伝承薬でインドネシアのハーブとも呼ばれている。天然ハーブが主成分のため、体への負担が少なく副作用もほとんどない。

インドネシアからの個人輸入でしか購入することができず、まだ国内における知名度は低いが、コストパフォーマンスの良さと、勃起力の向上だけでなくそのほかにも感度が良くなったり、性的興奮作用も期待できたりするため現在リピーターが続出している。

バイアグラは、血流をよくして勃起を促すED治療薬だが、有効成分シルデナフィルが含まれているので、副作用として顔の火照りや目の充血を伴う。バイアグラは医薬品なので医師の処方箋が必要なため病院に行きたくない人には不向きなED治療薬だ。また、保険適用外の薬なので、やや高価な薬になってしまう。

一方、精力サプリメントは、免疫力の向上や血行促進に有効な亜鉛・アルギニンなどを含んでいて、継続して飲むことで、徐々に勃起力や精力を高めていこうとするものだ。非医薬品なので薬局で購入できるのだが、あくまでも健康食品であり、即効性は期待できないしその効果も個人差がある。

ED(勃起不全)治療ばかりでなく、勃起力アップや即効性を求めたい人にとってもこのジャムウは最適だ。とくに人気のED(勃起不全)防止ジャムウは、「コブラX」と「スパイダー」だ。この2つのジャムウはED治療ばかりでなく、もっと勃起時間を長くしたいという男性からも絶大な支持を得ていて、口コミ評価もとても高い。

ED(勃起不全)防止ジャムウのコブラX

ED-ジャムウ08

100%天然由来の精力剤で、数多いジャムウ製品の中でも人気が高い。ジャムウは知らなかったが、この製品名は聞いたことがある人もいるほどの、ロングセラー商品である。精力・勃起力・持続力・回復力といった性的機能全てに効果が期待できる。

複数の個人輸入サイトの在庫を確認してみたが、品切れの店舗が多く、見かけたら即購入が賢明かもしれない。口コミでは、特に勃起時の硬さとサイズのパワーアップへの感動の声が多く、持続時間も長いようだ。本人もかなり気持ちが良く、パートナーの女性もはや失神寸前だというから期待せずにはいられない逸品である。

→ 精力増強ジャムウ1番人気の「コブラX」をインドネシア人の私が徹底解説

ED(勃起不全)防止ジャムウのスパイダー

ED-ジャムウ09

スパイダーというジャムウは、勃起力・持続力に抜群の効果を発揮し、さらには即効性や効き目でも定評がある。その理由は、贅沢に天然成分が配合されたトップクラス品質のジャムウだからだ。具体的には、タツノオトシゴ、高麗人参、トリビュラスなどの世界中の貴重な天然成分が多種使用されているため、入手困難な時期もある。

このスパイダーを見かけたら即購入しておくことをおススメする。即効性と持続力に定評があり、時間があれば何度でもペニスは回復する(何度も勃起する)。値段は他のジャムウより高めだが、コストパフォーマンスは文句無しの評価だ。

コブラX、スパイダーともにどちらのジャムウも、天然成分100%で安心に試せるものだ。その上、ただ勃起力を高めるだけではなく、ペニスの感度が良くなったり、性的興奮がより高まったりする効果も期待できる。以下の記事も参考にしてほしい。

→ EDを完全克服して早漏も治るジャムウ「スパイダー」の効果は本当か?

まとめ

ED(勃起不全)に悩む男性のために、ED(勃起不全)の改善法を説明した。ED(勃起不全)の原因は、男性ホルモンのテストステロンと一酸化窒素が不足することで起こりやすくなるので、生活習慣を変える方法や特別なトレーニング方法で改善することが一つあるということと、バイアグラやその他の高額な処方薬を飲まずに、インドネシアの漢方ED治療薬と言われるジャムウで劇的にED(勃起不全)を改善できることをお伝えした。

ここに紹介したコブラXとスパイダーというジャムウは、バイアグラなどに比べると安く入手も手軽で、さらにはED(勃起不全)治療だけでなく、勃起力を高める効果もあり、即効性や持続力もあるということをお伝えした。EDで悩む人にはとっておきの情報である。

以上「ED勃起不全」をお伝えした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。